忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
暴力だったりドーピングだったり大変ですねえ(他人事)。     ※コメントに書きたくないご意見ご感想はcoolvanilla3(アットマーク)gmail.com までどうぞ  
[2283]  [2282]  [2281]  [2280]  [2279]  [2278]  [2277]  [2276]  [2275]  [2274]  [2273
プロフィール
HN:
一喜一憂
性別:
男性
自己紹介:

カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 6
8 9 11 12
15 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
アーカイブ
最新CM
[09/16 あにーす☆]
[09/13 あにーす☆]
[09/13 SSA管理人]
[09/13 SSA管理人]
[09/11 あにーす☆]
[09/10 もぐ]
[09/07 SSA管理人]
[09/06 あにーす☆]
[08/29 あにーす☆]
[08/29 SSA管理人]
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
一週間かそこらでこんなに変わるんだなあ、と呆れてしまうここ最近のジャイアンツ。
坂道を転げ落ちるかのように負けが嵩み、なんだか随分と下から追い上げられてきたような落ち着かない気持ちになる。

こういうときは一つ一つ考える。
あれもこれもと焦らず、できることからやって足元を固める。今のチームで明らかにおかしいことがある。それは何か?


勝ってても負けてても同じ中継ぎが投げてる


これは改善の余地があるどころか、早急に着手しなきゃいけない問題だよ。

昨日も今日も言ってみれば、序盤に大量失点したいわば捨て試合。
にも関わらず、昨日は澤村、田口、大竹が投げ、今日も澤村、田口、マシソンが出てきた。誰が勝ちパターンのセットアッパーで、誰がビハインド時の敗戦処理、ロングリリーフなのか。ほぼ毎日見てる管理人がわからないんだから、ブルペンで準備してる選手自身もわからんと思うよ。

夏場は連戦が続くからムダに体力を消費したくないし、ホールドが付くタイトな場面で投げたと思ったら翌日は敗戦処理じゃ気持ちの持って行き方も難しいよ。
昨日今日みたいな試合のために野上や宮國や田原がいる訳だけど、揃いも揃って不在だし、鍵谷にそういう役割が集中して今日はもうボロ雑巾みたいなピッチングになってた。あれじゃちょっとかわいそうだわな。

ブルペンを考えたときには、運用の問題だけじゃなく、初めからセットアッパーとビハインド要員と長いイニング食えるロング要員と、ある程度振り分けてベンチに置かないと。今日みたいな試合は長いシーズンに何度か必ずあるものだけど、そこで勝ちパターンピッチャーを浪費するか、ビハインド要員だけで乗り切れるかは全然違うと思うよ。

そういう意味で今のマシソンは力不足。
マツダから今日までこうも打ち込まれると勝ちパターンには使えない。マシソンの投球スタイルからして長いイニングを投げることは難しいから、ロング要員に降格って訳にもいかない。となれば下でもう一度調整して球威を上げる努力をした方がいい。別にこれで終わりじゃないよ。ヤングマンと違ってまだこの先にチャンスはある。

もう一度ブルペン陣の編成を考えて、戦う基盤をしっかり作らないと。まだまだ慌てることはないし、一週間かそこらで大きく落ち込んだってことは一週間かそこらで盛り返せるってことだからな。夏を乗り切るためにまずはブルペン編成の整備でないかい?



   ∧∧
  (  ・ω・) なかじませんしゅは
  _| ⊃/(___ 呪いの装備か・・・
/ └-(____/
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
そうですね~。
そこは大事ですね。
でもとにかく、なかなか頼れる投手が見当たらない(中川くん田口くんの負担ばかりになったり)のがきついところですね…
マシソンは早速抹消されましたが。
しっかり調整して戻ってきて欲しいです。
びしっと抑えられるとまでいかなくても、ある程度…それなりに…出来る投手、もっと出てきて欲しいですね(笑)。

また苦しい時期が来ていますが、下を気にしすぎて焦ってもいけないので、冷静に前向きに見守りながら応援はしっかりしたいです。

このところは投手が酷かったにしても、モチベーション的に難しくても、やはり打線には最後まで諦めずに粘り強い姿勢を見せてもらいたいですね。


ナカジについてはやはり、なんでだろ…と思ってしまいます(笑)。

あにーす☆ 2019/07/26(Fri)10:02:41 編集


<< 夏の陣 G☆7/30~8/4HOMEペナントレース G☆2019 >>