忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
さあオリンピック!     ※コメントに書きたくないご意見ご感想はcoolvanilla3(アットマーク)gmail.com までどうぞ  
[1327]  [1326]  [1325]  [1324]  [1323]  [1322]  [1321]  [1320]  [1319]  [1318]  [1317
プロフィール
HN:
一喜一憂
性別:
男性
自己紹介:

カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 5 6 7 8
9 11 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
アーカイブ
最新CM
[12/19 あにーす☆]
[11/21 SSA管理人]
[11/20 あにーす☆]
[10/29 あにーす☆]
[10/26 SSA管理人]
[10/26 SSA管理人]
[10/24 よしぞー]
[10/24 あにーす☆]
[10/24 SSA管理人]
[10/23 あにーす☆]
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
本当にしびれる熱戦。熾烈なシーソーゲームに終止符を打ったのは、坂本のファインプレー。ホントにあれは何もかもが紙一重。打たれた瞬間は同点を覚悟した。

で、この試合を見て思ったのは、やはり「統一球野球とはヒット2本でどうやって1点取るかの野球」だってこと。この乱戦で余計にそれが見えた。

5回の勝ち越し点も、ヒット2本が出た後はエラー得点と犠牲フライが2つ。
7回も、谷がヒットで出て代走尚広が盗塁。坂本の送りバントが内野安打になる幸運。これはヒットであってヒットじゃない。そこにフォアボールを被せて由伸のタイムリーが出た。
1イニングにヒットが3本以上出る確率はかなり低い。そこにフォアボール、敵失、足を絡ませて得点できるとかなり攻撃力、得点力は上がる。

一方、阪神は6回と8回にそれぞれ2安打しながらも、いずれもダブルプレーで0点に終わった。この攻撃のバリエーションの差だと思う。2回と3回の集中打は敵ながら天晴れだったけど、いつもいつもこんなに打てる訳がない。そう簡単には打てない状況になった終盤に、ここでこそ1本が欲しい終盤に、点を取れた巨人と取れなかった阪神。そんな試合でした。紙一重だけど、紙一枚の重さがこうして明暗を分けることもあるのだ。

さて、一気にスイープしたれ。Let's Go GIANTS m9(`・ω・´)!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
最後の坂本選手のプレーはすごかった!
今日は勝ちパターン3人が休める展開になってほしいです…

あ、誕生日ってのは「亀井選手の誕生日」ってコトでしたw
帰ってきててくれますように><
もぐ 2012/07/08(Sun)11:25:06 編集
>>もぐさん
そっか。亀の誕生日のことでしたかw

せっかく広島まで行くんだから、ごひいきの選手がいないと寂しいよねぇ。管理人は実はごひいき選手はそんなに多くありません。その少ないうちの一人ガッツがいないもんだから、なんというか心にぽっかりと穴が開いてます。
SSA管理人 2012/07/09(Mon)00:12:25 編集


<< GIANTS PRIDE 2012 その73~日替わり~HOMEGIANTS PRIDE 2012 その71~独り相撲~ >>