忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
ジャイアンツカードアプリ「Gスタ」ID『1939988』です。  ※コメントに書きたくないご意見ご感想はcoolvanilla3(アットマーク)gmail.com までどうぞ  
[1971]  [1970]  [1969]  [1968]  [1967]  [1966]  [1965]  [1964]  [1963]  [1962]  [1961
プロフィール
HN:
オレンジ色の魂を燃やせ
性別:
男性
自己紹介:

カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
2 3 4
5 6 10 11
13 14 15 16
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
最新CM
[08/18 SSA管理人]
[08/17 ジャビ夫]
[08/12 あにーす★☆]
[08/12 SSA管理人]
[08/10 あにーす★]
[08/09 SSA管理人]
[08/09 あにーす☆]
[08/09 SSA管理人]
[08/09 SSA管理人]
[08/08 ジャビ夫]
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
交流戦が始まった2005年。管理人はまだBSもCSも映らないブラウン管テレビを使っていた。
パリーグのことをよく知らないセリーグファンにとって、その年のロッテというチームはいろんな意味で衝撃的だった。応援のすごさに驚き、管理野球なぞどこ吹く風で自由に伸び伸びとプレーする選手たちに圧倒された。
中でもその象徴になっていたのが西岡。ヘルメットの後頭部から茶色の後ろ髪がなびき、ダイヤモンドを駆け巡る姿が強く強く印象に残ってる。
この年の西岡は打率で見ると268。普通に投げれば打たれるような選手じゃなかったんだけど、その粗削りなところも実にロッテ的で、スターになる要素を多分に持っている選手だった。

時は流れ2010年。この年管理人は初めて千葉マリンに行った。
独特のロケーション、海浜幕張駅に降りた瞬間から感じる海の匂い、近所の子供たちが自転車で観戦に来るような地元密着感。東京ドームに慣れた身にはそのどれもこれもが新鮮で、一発で魅せられ大好きな球場になった。実はこの年管理人は3回マリンに行っている。ジャイアンツが優勝を逃した年だったこともあるけれど、とにかくマリンのガラガラのスタンドでビールを飲みながら観戦するのが心地よかった。ちなみに、その後も毎年1回はこっそりマリンに行って観戦してる。今年もそろそろ行くからね。

閑話休題。その年のロッテは、いわゆる「史上最大の下剋上」を成し遂げたシーズン。そのど真ん中に西岡がいた。
選手が明らかに成長したサマを見て取れて、一皮剥けたことを実感できることなんてそうそうない。だけど、この年の西岡は人間的に成長し、選手としても間違いなくステップアップしたことが誰の目にもわかるほどだった。粗さは全くなくなり、リードオフマンとクラッチヒッターを兼ねるチームの中心選手に昇格。やんちゃ坊主の末っ子は、5年の時を経てロッテの大黒柱になっていた。

西岡という選手のキャリアは実に波乱万丈。起伏に富み過ぎていて、既にして本が一冊書けるほどに濃い。

・最年少での盗塁王
・WBCでの「世紀の大誤審」
・亀梨くん似のルックスで人気爆発
・斬新すぎたコーンロウ
・「TSUYOSHI」に改名&1年で撤回
・MVPとの大騒動&応援ボイコット
・首位打者&最多安打
・メジャー挑戦失敗
・セパ両リーグでのベストナイン受賞
・東京ドームグラウンド内に救急車が入った大事故

野球ファンなら誰でも覚えてるトピックだけでこれくらいある。付け加えれば、原が内野5人シフトを取った時にガラ空きのセンターに打ち返したのも西岡だし、一時期阪神ナインがやっていたグラティーを流行らせたのも西岡だ。つまり、この10年の野球界を語るときに必ずどこかで名前が出てくる選手。いい話もネタもあるのがご愛嬌だけど、間違いなく一時代を作ってきた選手。タイトルも首位打者1回、最多安打1回、盗塁王2回。ゴールデングラブは3回、ベストナインは実に4回獲ってる。あまりそう解釈されてるようには思えないのだけど、十分に一流選手の実績。

この選手を単なる超早熟型で終わらせたくない。
スピードスターとしての西岡は終わった。だけど、31歳にして日米合計1,200本以上のヒットを打ってきた男にバッターとしての第二章があることを願う。NPB12年間で4,008打数1,165安打、通算の打率にして290。この一流バッターに、巨人吉村のような広島前田のような第二章があることを心から願う。



ツヨシ、気長に待ってるぞ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
とても共感し、
胸に響く記事ですね…自分も同じ想いです。

私自身も、2005年のプレーオフで初めてロッテの試合を見て、同じようにその自由に楽しく伸び伸び、笑顔でプレーする選手達に魅せられて…そこからはパではロッテの事も応援するようになり(でもいろいろあって西村監督の途中までかなぁ…その後は巨人一筋に戻りました(笑)。)。
確かにその中でも、剛くんは象徴的な存在でしたよね。
コーンロゥは私はコバヒロくんの方が印象強いです(笑)。

思い出すといろいろありますが、記事でもあるようにMVP騒動の時のヒロインで剛くんが真っ向から意見した(その後の応援ボイコットもあり、ロッテファンの集まるブログなどは荒れまくってましたね…今ではそれすら懐かしい…)事などは、熱くてまっすぐな剛くんらしい出来事でした。
その後意識が変わり成長し、更なるすごい選手になったのは、キャプテンに任命されたのがきっかけだったようにも思います。
(原さんが坂本くんをキャプテンにしたのも、こういう変化、成長を求めていたんだろうなと…)
本当に、剛くんの野球人生をちょっと振り返っただけでもいろんな事ありすぎですね、いい事も辛い事も。
阪神に入った時に、「アメリカ旅行」と自虐ネタで悔しさや恥ずかしさやこれまでの苦しみを笑いに変えていた彼を見て初めて、心からカッコイイと感じていました。(それまでは野球において才能あるすごい選手と思ってはいても、イキってる系な人が好きでない自分はカッコイイとは思ってなかったのです(笑)。やんちゃで憎めない感じで。)

なのに、すっかりケガに泣かされる選手になってしまって…せつなかったです。

どんな決断を下すつもりかわからずにいましたが、聞こえてくる話ではやはり剛くんは「絶対戻る」気持ちでいるようなので…簡単な道のりではないとしても…私も一野球ファンとして、
待っています…。


菅野くんは、支えてくれる素敵な方がいらっしゃるようでよかったですね(*´-`)。
益々のサポートをお願いします!ですね。




あにーす☆ 2016/07/22(Fri)15:35:34 編集
>>あにーす★さん
MVPと出禁になった応援団は、今年の春もしゃしゃり出てきたんですよ。今年から福浦とかエリーゼとか昔の応援歌が復活してますが、それの権利は旧応援団にあるとか馬鹿なこと抜かして現応援団に脅迫めいたことしてきたみたいです。ホントにバカだよなあと呆れますが。

管理人は巨人にしか興味がないヤツは野球ファンでもなんでもないと思ってますので、日々あっちゃこっちゃ見て、情報収集して幅広く楽しんでる「やきう民」です。
SSA管理人 2016/07/23(Sat)11:15:07 編集


<< 落日 G★47HOME神宮第二球場 >>