忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
2017年秋、逆襲のジャイアンツに乞うご期待。  コメントはご自由にどうぞ ※コメントに書きたくないご意見ご感想はcoolvanilla3(アットマーク)gmail.com までどうぞ  
[1023]  [1019]  [1018]  [1017]  [1016]  [1015]  [1014]  [1013]  [1012]  [1011]  [1010
プロフィール
HN:
負けるもんか
性別:
男性
自己紹介:

カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
4 5 7 9
10 11 13 15
17 18 21 23
24 25 26 27 28 29 30
アーカイブ
最新CM
[09/23 あにーす★]
[09/22 SSA管理人]
[09/21 あにーす☆]
[09/20 SSA管理人]
[09/19 あにーす★]
[09/19 SSA管理人]
[09/17 あにーす★]
[09/15 SSA管理人]
[09/14 あにーす☆]
[09/14 SSA管理人]
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
前回までの経緯はこちら
プロローグ http://tenchosato.pazru.com/Entry/1004/
第1回    http://tenchosato.pazru.com/Entry/1005/
第2回    http://tenchosato.pazru.com/Entry/1006/
第3回    http://tenchosato.pazru.com/Entry/1007/
第4回    http://tenchosato.pazru.com/Entry/1008/
第5回    http://tenchosato.pazru.com/Entry/1009/
第6回    http://tenchosato.pazru.com/Entry/1010/
第7回    http://tenchosato.pazru.com/Entry/1011/
第8回    http://tenchosato.pazru.com/Entry/1012/
第9回    http://tenchosato.pazru.com/Entry/1013/
第10回   http://tenchosato.pazru.com/Entry/1014/


試験当日。
会場に着いて意外に感じたことが一つ。

・・・マン管の受験者層より若い人多いねw

もちろんオッサン、じいさんも多数いたけど、20代、30代と思しき層の比率、女性の割合、共にマン管よりも数段上。なんでだろ?

・・・さすがにやっぱり緊張したなぁ。トイレも何回も行ったしw 
でも、同じ試験会場のオッサン、じいさん連中、ちょこちょこいるばあさんを見て「俺はこんなヤツらには負けん!」と思えたのも事実。
そうこうしてるうちに試験説明開始。いよいよだ、と更に高まる緊張感。

自分を信じること、結局はそれに尽きるのですよ。アタクシの場合、客観的に見て「受かるとしたらギリギリ、ダメだとしてもあと僅か数点の差」であることは間違いない状態。だとしたら、その数点の中でどっちに転ぶかは、より強く勝ちたいと願い、より強く自分のことを信じられるかで変わるのです。違うかな?

6810da71.JPG

勝つ!勝つ!勝つ!と念を込めて開けた試験問題。
さあ、ここから全50打席、120分間の真剣勝負。「プレイボール!」の声が高らかに響きました。

第1打席・・・もとい、第1問。ほんの数日前に確認したとこ的中www
マン管の対策もしてた人ならまだしも、個人的にこれは管業のみの人にとっては結構突っ込んだ内容じゃないかと思う。でも、ラッキーなことに的中。
キレイな当たりじゃないけど、自分の打球がセンター前に抜ける映像が見えたw

(中略)

・・・そして120分間の戦いが終わった。
設備は、本当に「なんぞこれww」状態。「こんなの対策不可能w」と笑い飛ばしたくなる難問、珍問のオンパレード。そして、来年以降のテキストには、今回の設備で出た内容が、さも当たり前のような顔して載るんでしょう。やってらんないやねw
この対策のしようがあるんだかないんだか、の設備関係問題は毎年12~13問程度出ます。そして、ここ以外の部分で30点程度取って、この設備関係は半分できればいいや、くらいの気持ちで臨むのが正解。・・・俺は半分できたのかな?w

で、終了後の手応えは、・・・無かったなぁ、まるで無かった。
マン管の方がよっぽど手応えあった。だもんで、帰り道も気持ちは暗かったし、無力感とか諦めとかに襲われながら、それでも試験が終わった開放感、やることはやったんだという満足感もあったりで変な気持ちでした。

家に戻り、各専門学校が正解発表を出してくる時間までの間、なんか家にいたくない気持ちになり、アテもなく外出w 「気を紛らわす」ってのはこういうことなんでしょうw

ちょっと遅い時間に家に戻り、意を決してネットで正解を確認。自分の問題用紙と見比べながら自己採点のお時間。緊張した・・・。ここで緊張しても意味無いんだけど緊張したw
・・・お、おーおーおー、・・・あっ!・・・うわっ!・・おー、おー、おおおー、あっ!おー!おおっ!おーおー!
・・・採点してる時はこんな感じでしたw ここ数年でMAXのドキドキw




スコアは秘密ですw
マン管よりは得点できました。過去の合格ラインと見比べても見劣りしません。自分で考えていたところも超えられました。

・・・「もったいぶらないで教えろよー!」って?
だって、今の段階じゃ教えても意味が無いでしょ?前に書いたように合格率は毎年ほぼ固定されてるけど、それが今年も続くとも限らないし。
それに、プロローグで始まったこの短期集中連載。この第11回で一応終了だけど、プロローグで始まったものにエピローグが無いなんて野暮なことはあり得ない訳でさ。発表まで年末年始を穏やかに過ごすべしw



「自分で自分にノルマを課して、そこに向けて全力で戦う」
この目標はなんとかやり遂げたように思います。ちょっとだけ強くなれたかな?まだまだ弱い自分だけど、やる前と比べて少しでも前進できてますように。
そして、今年マン管、管業を受けられた皆さん、本当にお疲れ様でした。
余裕で発表待ちの方、不貞腐れてる方、発表までドキドキが続く方それぞれでしょうが、皆さんの努力に敬意を表します。

最後に、
俺の尊敬する人は、「頑張れ」と言われると、「うるせー!言われなくても頑張ってんだよ!」と答えるような人です。表面的なとこしか見ない人には分からないでしょうが、実はこれって相当なこと。ご想像ください。本当にストイックな人が、外に向けて「俺は頑張ってる」と言える状態がどんなものか。簡単に言える言葉じゃないですよ。
その境地に近付くため、来年、年男のオッサンはまだまだ歩みを止めません。来年も戦い続けるぜぃっ!m9(`・ω・´)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
ひとまず、お疲れさまでした。

ほんと、「頑張って」っていうのは、プロ選手には言えないですよね。
言われなくても頑張ってるって。
想像できないくらい、努力してるって・・・

某テレビ局では「がんばれニッポーン!」とかバレーボールを応援してますが、
「お前が頑張れよ」って言いたくなりますわw

61くぅ URL 2010/12/13(Mon)13:33:23 編集
"d(-x・)チッチッチ
「頑張れ」って言われるのが嫌いなのは、他でもないヒムロックのことでんがなw
くぅさんだけは気付いてくれると思ったのになぁw
ITMツアー市川公演のとき、それを知らずに「がんばれー!」って言っちゃったファンがいて、氷室に「俺、『頑張れ』って言われるの嫌いなんで」と運悪く拾われ、リアルに(´・ω・`)ショボーン になってましたw

>>ひとまず、お疲れ様でした
ありがとうございます(*´∀`)。嬉しいです^^。
SSA管理人 2010/12/13(Mon)21:15:19 編集
ぃゃぃぃゃぃゃ・・・

氷室さんを含めて、ですよぉ。。。
分かってますってばぁぁぁ( ≧∀≦)ノダァーッ!!
61くぅ URL 2010/12/14(Tue)11:40:56 編集


<< 「バカバカしい」とは偉大なりHOME短期集中連載 ダブル主任者への道 第10回 >>