忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
去年はダパンプがあったけど今年はヒット曲らしいヒット曲なし。一番流行ったのはどぶろっくのアレではなかろうか。     ※コメントに書きたくないご意見ご感想はcoolvanilla3(アットマーク)gmail.com までどうぞ  
[1696]  [1695]  [1694]  [1693]  [1692]  [1691]  [1690]  [1689]  [1688]  [1687]  [1686
プロフィール
HN:
一喜一憂
性別:
男性
自己紹介:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
最新CM
[11/21 SSA管理人]
[11/20 あにーす☆]
[10/29 あにーす☆]
[10/26 SSA管理人]
[10/26 SSA管理人]
[10/24 よしぞー]
[10/24 あにーす☆]
[10/24 SSA管理人]
[10/23 あにーす☆]
[10/17 あにーす☆]
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
巨人・阿部、捕手から一塁へ 負担軽減へ来季コンバート

そうかぁ・・・。ここまでスッパリと劇的にやるとは思わなかった。
捕手でなくファーストで出る機会が徐々に増え、緩やかな流れの中でそうなるもんだとばかり思ってた。

実際、攻めのバリエーションという面ではマイナス。こうも大きく打ち出すと、阿部がキャッチャーの練習をすることはなくなるんだろうし、緊急事態でもない限り試合でマスクを被ることはなくなる。
今年、阿部がスタメンファーストで出て、試合終盤の代打や投手交代のタイミングで7回、8回あたりからキャッチャーに代わる試合が何度かあった。こういうユーティリティさがジャイアンツの大きな武器だし、実際かなり使い勝手のいい交代に見えたから残念。

で、これはちょっと覚悟しなきゃいけない。来季、チーム力は間違いなく落ちる。
仮に阿部が数年前の輝きを取り戻したとしても、確実に全体の攻撃力はマイナスになる。

野球のポジションの中で、キャッチャー、セカンド、ショート、センターのいわゆるセンターラインは守備重視のポジション。多少打てなくても目を瞑ってもらえ、打つよりも守備での貢献が求められる役割。
近年のジャイアンツの強さは、そのセンターラインに阿部、坂本、長野と打でも主軸になるような選手がいたからに他ならない。ピンとこない人は、テレビを付けて日本シリーズを見ればいい。ソフバンと阪神のセンターライン見てどう思う?

その中でもキャッチャーは特に守備重視。阿部が今年セの規定打席到達者の中で打率ワーストだったことで、まるでそれそのまま「もっとも打てないキャッチャー」だと思ったら大間違い。そもそも、阿部の他に規定打席に到達したキャッチャーが何人いると思う?正解はセどころかパまで含めてもゼロだよ。嶋や炭谷ですら規定に乗ってない。
どこのチームも捕手を固定できず3~4人で回してるし、その3~4人の中で軸になってる選手でさえも、250どころか230打てれば御の字。會澤みたいに打力のある選手は、逆に捕手としての能力に疑問符が付いてる。

他がそんな状況の中、四番を張り、300だ30本だを当たり前に打ち続けてきた阿部のいかに異常なことか。8番に置いて230しか打てなくても許されるポジションで、打の中軸まで担ってきた阿部がいかにすごいか。仮に今の今引退しても十分にレジェンド扱いの選手。

話を戻すと、小林、實松、加藤がどれだけ頑張ってくれても、全盛期阿部の半分も打てないと思う。たまに活躍することはあっても、一年通して見たら「よくいるキャッチャー」の枠に収まる成績になる。「意外性」というわかるようでわからない言葉で表される打者になる。来年は「8番、9番で2アウトか・・・」と思いながら試合を見ることになる。

阿部は並々ならぬ決意でいるだろうし、まだ年齢的にも老けこむには早過ぎる。来年はやってくれるだろうと信じてるし、そのための一大決心だと受け止める。
でも「頼れる四番打者」が帰ってくることはあっても、「扇の要」が戻ることはない。今日、2001年から実に14年も続いた時代が終わった。ジャイアンツ80年の歴史の中でも間違いなく最強の捕手、阿部が創り上げてきた時代が終わった。

ジャイアンツファンは、阿部がキャッチャーでいることに慣れ過ぎた。全試合出て当たり前、打って当たり前で、他ファンから見たら涎が出るほど羨ましい状況なのに、それに気付くことなく慣れきってしまった。
来年チームは本当に大きな変革を求められる。過渡期どころの話じゃなく、激変の年になる。阿部の存在はそれだけ特別だった。

ファンからすると悲しいニュースだし、センチメンタルな気持ちにもなるけど、でもこの決断によって「打者 阿部」の寿命は延びた。それは間違いない。来年からは「今までありがとうな!」の気持ちも込めて応援してやる。
キャッチャー阿部、本当に本当にお疲れさま。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
同じくもう少し緩やかに交代して行くと思ってました…
打者としてじゃなく正捕手として体調整えてもらって主軸からは外して恐怖の8番打者かなぁって…

監督勇退する前に正捕手と4番打者の育成が使命ということなんですかね…
あぁでも寂しいなぁ…
もぐ 2014/10/29(Wed)01:01:36 編集
無題

いずれ正捕手交代期が来ると分かってたとはいえ、実際迎えるとやっぱりキツイですよね。
慎之助は求められるレベルが高すぎるし。

あたくしゃ今でも信じられないので、
一時の捕手休養として、いずれまた戻ってくると信じてますが!
(うん・・・でもまあポジション的にムリって言われりゃそうなんですが・・・orz)
くせもの2号 2014/10/29(Wed)10:49:46 編集
>>もぐさん
避けられない日、来たるべき日が来たってことですよ。
それは、打者よりも捕手の寿命の方が圧倒的に短いんだから仕方がないし、逆に打者としてはまだまだ終わらない、来年はやる!っていう決意表明です。

時代が変わる時の寂しさはどうにも否定できないけど、打者阿部に期待しましょう。
SSA管理人 2014/10/29(Wed)22:58:48 編集
>>くせもの2号さん
戻って・・・こないだろうなぁ。
あるとしたら、ホントの勝負手。小林はもう使ってる状況で終盤一打同点、逆転のチャンスで打者實松。ホントにここで勝負を賭けるしかない状況で代打に由伸を出して、その後の守備でキャッチャー阿部みたいな感じでしょうねえ。それもあえて年に1回2回しか使わない勝負手だと思います。

今年そうなりかけたように、キャッチャーとしてダメ、バッターとしてもダメでいつの間にか選手としてフェードアウトしていくんじゃなく、退路を断って来年阿部は打者として勝負する道を選んだんです。あの天才打者はこのままじゃ終わらないと思いますよー。
SSA管理人 2014/10/29(Wed)23:04:54 編集


<< GIANTS PRIDE 2014 その124~ピンズド~HOMEGIANTS PRIDE 2014 その122~取捨選択~ >>