忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
さあオリンピック!     ※コメントに書きたくないご意見ご感想はcoolvanilla3(アットマーク)gmail.com までどうぞ  
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
プロフィール
HN:
一喜一憂
性別:
男性
自己紹介:

カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 7 8 9 10 11
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
最新CM
[12/19 あにーす☆]
[11/21 SSA管理人]
[11/20 あにーす☆]
[10/29 あにーす☆]
[10/26 SSA管理人]
[10/26 SSA管理人]
[10/24 よしぞー]
[10/24 あにーす☆]
[10/24 SSA管理人]
[10/23 あにーす☆]
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
管理人は、外国人がチームのエースになることがあまり好きじゃない。
日本人としての心情的な理由もあるし、外国人選手の場合いつ祖国に戻ったりメジャーに行ったりするかもわからない、そんな打算的な思いもある。

だから、内海が時間をかけてエースの座に登りつめ、2年連続最多勝なんて勲章を手にしたときはうれしかったし、その後に菅野が一気に台頭してきたのもスライドが上手くいったように感じてうれしかった。

だけど、ここまでマイコラスが安定してると話は別。これだけの結果を残してる選手を国籍だけの理由で見て見ぬふりをしたら、それはマイコラさんに失礼以外の何物でもない。
自身7連勝の9勝目で防御率は遂に1点台に突入。安定感が尋常じゃないし、フォアボールが非常に少ないのも見てる側には好印象。連打を浴びたり、先頭打者にフォアボールを出して崩れる投手が多い中、安心して長いイニングを任せられる数少ないピッチャー。というか、これ以上の安定感があるピッチャーって大谷くらいじゃないか?

そして、やっぱり今日このテーマで書こうと思ったのは、マイコラさんの意識の高さとマウンドを任せられている者としてのプライドが見えたから。
それが表れたのがロペスにホームランを打たれた後。ベンチでグローブを壁にガンガンぶつけて悔しがる姿に胸打たれた。これほどまでに真剣な思いで野球に打ち込んでくれてるのは嬉しいの一言だし、見過ごしがちなとこだけど、人前で抑えきれないほどの苛立ちを爆発させるときに素手じゃなくグローブで暴れたのもえらいよ。くだらない物言いに思うかもしれないけど、ジャイアンツ絡みだけでも杉内と豊田がこれが原因で骨折してる。子供にはあまり見せたくないような場面だったけど、短いあのシーンにマイコラさんの熱い気持ちも冷静沈着さも両方詰まってた。

内海がエースになる前の2008年、チームでもっとも勝ち星を挙げたピッチャーはグライシンガーだったし、翌2009年はゴンザレスだった。
このまま菅野がいまいち安定感に欠ける状況だと、エースの座をマイコラさんがスマートにサラッとかっさらっていくかもな。
そして、マイコラさんがそこまでのピッチャーになったら、それはもう見込んでないプラスアルファの部分だから、その上積み分だけでも優勝がグッと近づくよ。マイコラスと菅野が個人成績で競い合って、2007年の内海と尚成みたいな感じになってくれたら理想だね。うんうん。

さて、管理人は明日ウン十回目のバースデー。誕生日にやることといえばもちろん巨人戦観戦。内海、管理人に勝ち星をプレゼントしてくれ。

内海!哲也!さあ走り出せ m9(`・ω・´)!



にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
PR
このカードが始まる前の段階でカープの借金は6。なんとなくAクラスとBクラスに色分けされてきたセリーグにおいて、これ以上上位に引き離されまいと向こうは必死になってくる3連戦。
一方、ジャイアンツはというと、ビジターのヤクルト戦というヤマを一つ超え、ちょっと気が緩んだ感もある下位対戦カード。
是が非でも3連勝したいカープに対し、正直なところジャイアンツは1つ勝てば問題なし、2つ勝てば万々歳に近い気楽なカードだった。

それが終わってみれば3連敗。東京ドームでカープに3タテされるのは10年ぶりなそうだ。10年も無かったことだから、なんとなく1つは勝てるだろうと思って舐めてかかってた感があるのは否めない。

金 ポレダ 8回 被安打4 奪三振6 0失点
土 高木勇 8回 被安打7 奪三振8 2失点
日 田口  7回 被安打4 奪三振8 1失点

この3試合の先発投手結果を並べてみると、3人が3人とも勝利投手でもいいような数字だし、QSどころかHQSでしっかり試合を作ってる。特に田口くんは投げる度に援護の無い状況が続いてるし、高卒2年目の19歳にとってはちょっとハードだよな。気の毒としか言いようがない。

金 4安打 0得点 21三振
土 5安打 1得点  9三振
日 3安打 1得点  9三振

一方、打つ方を並べるとこうなる。ひどすぎて言葉も出ない。
せっかくビジターのヤクルト戦に勝ち越して、その前のベイス戦中日戦も含めていい感じできてたのに、その余裕と貯金をすっかり吐き出してもうた。今年はこういう短いスパンでのアップダウンが頻繁にあるから、まるっきり3歩進んで2歩下がるの世界で一進一退、トータルで見たら5割がやっとになってしまう。

今回も3戦続けて露骨に打てなかったことで、時計の針が2ヵ月くらい戻ったようにも思う。メビウスの輪のように一周回って、「巨人は先発はいいけど全然打てない」に逆戻りしたようにも見える。

だけど、ちょっと気にしてほしいのは三振の数。三振ってのはネガティブな要素でもあるけれど、見方を変えればちゃんと打者が振ってることの裏返し。コンパクトに当てにいってるんじゃなく、きちんとスイングしてるからこその三振。それがこれだけ目立ってきたのは明らかに以前とは異なる傾向。事実、最近よくホームラン出てるじゃん?誰一人10本に届かないんじゃないか、なんて言われてた頃もあったけど、最悪の最低でも4人は二桁に乗りそうだし、長野の13本塁打はリーグ6位の数字。開幕から3ヵ月間まるで見られなかった「ジャイアンツのホームラン攻勢」をここ最近ようやく見られるようになった。

毎日のように打てない打てない言われた頃はこんなに三振してなかったし、小さく当てにいかず振り抜いたら結果は100か0か極端に出てくるのは当たり前。だから今の「打てない」は6月くらいまでの「打てない」とは違うと思うんだ。しかも、この3連戦、ジョンソンとマエケンは出来がよかったよ。

繰り返すけど、管理人は今の「打てない」と以前の「打てない」は違うと思う。いわば、似て非なるものだ。
それが正しいか、単なるLove is Blindかは火曜からのベイス戦で答えが出るんじゃない?


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
「走れよ!」

って全国のジャイアンツファンが思った幕切れ。タラタラと一塁へゆったり走る阿部の姿が悲しかった。

もちろん、ちゃんと走ったところでアウトはアウト。村田の当たりを大瀬良が弾いたあれをアウトにする菊池が捕る訳だし、阿部の鈍足っぷりは球界ワーストレベル。走ろうが走るまいがアウトはアウト。そんなことはわかってる。
ただ、受け取る側の心象が違うよ。ファンがどうこうなんてことじゃない。ベンチで見てる同僚、塁上で同点の一打を信じて見つめていた仲間の気持ちが違うよ。

最後のスイングについては何も言わない。
3ボールノーストライクで1球待とうと思ってたんだけど、打ち頃の球が来たから思わず反応でバットが出て、それを止めにいって止まらなかった形なのは想像がつくから。それはしゃあない。そこを叩くなら、管理人は長野が見逃がし三振した方を叩きたい。

だけど、その後ちんたらちんたらと、まるでドスドス音を立てるかのように一塁にジョギングしてった姿はただただ悲しかった。怒りも何も通り越してただ悲しかった。

立岡とか吉川とか、明日なき世界で戦ってる若手は必死でやってるじゃん?見ててこっちにも伝わってくるもの。試合に出られなくなるかも、二軍に落とされるかもって思いが常にあるから、打席でも守備機会でも一つ一つに魂こめて戦ってるじゃん?
若手がそういう姿を見せてる中で、実績十分のボス格、前キャプテンがこんなんでどうするの?
若手社員がこの暑さの中、汗だくになって外回りを済ませて会社に戻ったら、やる気もろくにない部長が机の上に東スポ広げて女子社員の尻触ってたみたいなもんだよ。そこに生まれるのは不振感であり反感。選手の中にも心の中で舌打ちした若手がいるんじゃないか?

打てなかったことそのものじゃなくてさ、立岡が必死の思いで出塁して吉川が送って作ったチャンス。「部長!いいお客さん見つけました!後はお願いします!」と呼ばれて出ていく、それに値する姿勢が阿部にあったか?
阿部がオールスターのとき自分で言ってた。一番堪えたヤジは「営業妨害だから引退しろ!」だって。こういう感じだとさ、自分が十数年かけて積み上げてきたものを全て無にしちゃうぞ。
頼むよ。管理人にもヤジったオヤジにも「阿部さんごめんなさい」って言わせてくれよ。叩いてる人も本音は「やっぱり阿部はすごかった」って言いたいんだからさ。部長、肩書きだけじゃなくすごいところを見せてくださいよ。


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
なんとまあ、いろいろあった試合だったことか。
両外国人投手神ピッチングの投手戦。球団ワースト21三振。数々の走塁死。山口、審判と謎のケンカ。片岡危険球退場。延長12回4時間32分の激戦。まあ疲れましたな。

管理人はジョンソンをものすごくいい投手だと思ってるので、打てなかったこと自体には何も無い。マエケンだ黒田だと騒ぐのも結構だけど、カープをライバルと見据えるような状況になれば、一番マークしなきゃいけないのは他でもないジョンソンだ。あんなにいいピッチャーそうそうおらんぞ。
ただ、ついこの前一度対戦したにも関わらず、その教訓を活かすというか分析も対策も何もしてないからこれほどまでに三振する訳ですよ。この前と全く同じことを繰り返して、かつジョンソンの調子がよかったもんだから結果は輪を掛けて悲惨なことになる。立岡が身を捩ってよけた球がストライクになったのを見たとき、ああこりゃホントにダメだと思ったけど、ホントにどうにか対策せんとジョンソンが投げる度にこうなるぞ。今日やられたのは偶然でもなんでもないからな。

さて、そんな中ほめたいのはポレダ。
最近あんまりよくなかったけど、それを払拭する8回4安打無失点の快投。今年一番よかったんじゃないか?
ポレダとマイコラスはやたらと縁があるそうで、同じチームに属するのがジャイアンツで3球団目なそう。あんまり知られてない事実。
自身は春から結果も出て虎キラーとして一歩リードしたスタートだったのに、気が付いたら世間はマイコラス嫁コラスマイコラス。いろいろと追い抜かれてしまった感は否めない。二人並べてみたら「右のフサフサ左のゲーハー」。いや失敬。だけどやっぱりこう注目されるのはイケメンの方なのかと、そんなネガティブな気にもなってしまう世間のマイコラス嫁コラスマイコラス。
それをなんとかまた「ここにポレダあり」と示せたんじゃない?勝たせてやれなかったのが申し訳なくなる快投で、管理人はポレダを見直した。次も頼むぜゲーハ・・・、いやなんでもない。

反対に罵倒し倒したいのはカス。※一般的な呼称はカスティー。
いやぁ、・・・もうバレた?w と言いたくなってしまうジョンソンのインコース攻め。鬼畜のようなインコースへのクロスファイヤー。まいったねw
前かがみのクローズスタンスで立ってスイングはアッパー気味となれば、そりゃもう穴はできまくる。高めが打てないし、インコースも打てない。そこに今日みたいにコントロールのいいピッチャーがインハイにズバズバ放ってきたら、そりゃもうあなた「打てない」んじゃなく「バットが出てこない」。
・・・やっぱプロってすごいなあ。あっさり見抜くし、見抜いた弱さに集中砲火してきやがる。
で、カスさん。近々入籍もしてない彼女さんの出産で帰国されるそうですが、出産どうこうでなくなんでしたらお子さんが自力で歩いて、「ダディ」「マム」と言葉を話される頃までそちらにいればいいかと思いますよ。いや、いいですいいです遠慮なさらないで。管理人はアンダーソンに対する愛や感謝はありますけど、顔色の悪いヤングミスタービーンみたいなあなたには取りたてて何もございませんので。あなたの代わりはアンちゃんがきっちり務め上げますのでご安心あれ。



にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
興奮したよな。
菅野が気迫丸出しの3ベースタイムリー。今日も熱帯夜の東京、不調のエース汗だくの激走。
その熱き魂に感化されたか、その裏には井端のファインプレー。流れが完全に来たことを確信する展開で迎えた6回表、坂本長野の連続ホームランで一気に逆転。
映画を見るような劇的な展開で、このまま勝てれば2015年シーズンの流れを掴めるに違いないと思わせるエキサイティングベースボール。これぞ大正義巨人軍と管理人も胸が震えた。

だけど、そう甘くはなかったな。
大混戦セリーグのイニシアチブを一気に握れるチャンスだったけど、そう簡単には問屋が卸してくれんわな。
菅野が期待されてないバッティングでチームに火を付けて、その菅野が被弾で消火してしまった見事なまでのマッチポンプ。久々の松本スーパープレーとか、最終回の粘りとかもあったけど、今日は菅野に始まり菅野に終わった。
今日の菅野はもう今年最低と言っていいくらいの出来。まるっきり制球できないひどいピッチング。インを狙ってアウトに行くレベルの荒れ具合で、これじゃ組み立ても配球も何も無いと思わせる乱雑なピッチング。タイトルを狙うエースがこれじゃ困る。

ただ、前回125球、前々回135球とこのところ投げ過ぎだったし、この気候だから同情もする。とりあえず、3ベースを打った以外の今日のことは忘れて寝るこった。今日は101球で済んだから次はなんとかするだろ。今日だって荒れまくってたけど、それでも後から出てきた笠原よりはまとまってるように見えたしさw

まあ、さすがにヤクルトもホームでエース格3枚を立てての3連敗は許されなかっただろうし、まだまだ熱い夏は続くってことですよ。これからいくつも出てくるヤマの一つ目と位置付けた大事な3連戦だったけど、下馬評を覆しての2勝1敗なんだから問題なし。
さあ、明日から東京ドーム。8月は試合の半分以上が東京ドームの有利な日程。これを活かさん手はないで。

Let's Go GIANTS m9(`・ω・´)!

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
 

勝っちゃいましたよ。しかも村田さん大暴れですよ。
神宮と相性最悪で、丸5年勝ってなかった管理人が溜飲を下げる強い巨人の野球でしたよ。



で、まあ暑かったさ。写真でも明るさが異様なのがわかるでしょ?灼熱の太陽に焼かれた真夏の神宮決戦だった訳ですよ。汗が止まらんし、ビールを飲んでも飲んでも尿意が起きない。観る側にとっても実にハードな日でした。
そして、試合前には古田の野球殿堂入りを祝うセレモニー。古田さん、早く現場に帰っておいで。このまま解説者に甘んじるなんてことは管理人が許さんよ。

  
 
試合は花火の時期に相応しい派手な空中戦。
ヤクルト相手にこういう試合で勝ったことは意義があるし、これまでなかなかできなかった打ち勝つ野球を、強い相手に苦手の球場でできたことが大きい。

ただ、両軍合わせて5ホームランの派手な打ち合いの中、管理人がポイントに挙げたいのは5回の片岡。
先頭の立岡が粘って粘ってフォアボールで出塁したのに、その後あえなく牽制死。イヤなムードになりかけたところでの2ベースは値千金だった。結果、長野3ランの呼び水になったことだけでなく、1番2番ってのは二人で1アウト2塁を作れればいい訳でさ。潰れかけたチャンスをしっかりリードオフマンとして作り直してくれた一打だったと思う。

  
 
ホームランが意味する花火だけでなく、本物の花火も上がった真夏のナイター。管理人はえらく久々に神宮からいい気持ちで帰路につけたし、考えるまでもなく今日の1勝は大きな大きな1勝。形勢不利に感じていた3連戦が3タテも夢じゃなくなってきた快心の連勝。
 


いやぁ、すごい飲んだけど気持ちいいわ。今日はぐっすり寝られそうですw


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
マイコラスが勝てるようになって名前が売れた

とんでもなく美人の嫁さんに注目が集まった

もう一周して「やっぱりマイコラスすげえ!」になった ←今ここ

下手したらどころか、野球に限らずこのパターンはほとんど「美人妻の旦那」で終わる。あー、そんな人いたねえ。奥さん美人だよねえで終わる。それをもう一度ひっくり返して、世間の注目を嫁から自分に取り戻したマイコラさん、あんたすごいわ。

球に角度が付いてるのはその通りだけど、ここまで抑えられるってことはきっとそれだけじゃない。映像で見るよりも球が「来る」感覚があるんだろうし、球種の見分けもしにくいんだと思う。山口と澤村はしっかり掴まえたヤクルト打線がキリキリ舞いだったもんな。
カード頭に投げるエース格の役割も板に付いてきたし、この分でいけば最多勝狙えるんじゃなかろうか。マイコラさん、15勝くらいお願いします。

そして、マイコラさんが好調なのは精神面も多分にあると思う。この夫婦、日本を楽しんでるもん。
先月、ヘビー読者もぐさん上京の際、二人でソラマチのジャイアンツショップに行ったときのこと。レジ脇にマイコラさんの写真がサイン付きで飾ってあって驚いた。店員さんに聞いたら、マイコラさんが夫婦で来店した際に撮影したとのこと。きっと休みの日にスカイツリーでも見に行って、そのついでに寄ったんだろな。
日本で成功する外国人選手の条件として「日本を受け入れる、日本を楽しむ」、これは絶対にあると思う。野球そのものに関する面だけじゃなく、それ以前に「どうせ数年で帰るんだから」と思いながらやるか、与えられた環境を100%受け入れて楽しみながらやるか。まずここで差が付くと思う。言葉にすると当たり前だけど、これは誰にでもできることじゃない。想像してみるといい。自分が野球選手だとして、NPBを離れて韓国だの台湾だののプロ野球でやることになった。この状況で100%ベストを尽くして、今の環境を楽しもうなんて思えるかい?マイコラさんからすると、これと当たらずも遠からじって状況だと思うよ。
でも、この夫婦は心から日本を楽しんでいるように見える。楽しんでいるからこそ結果も出るし、ローレンに注目も集まった。自戒の念も込めて書くけど、環境を受け入れる、そして楽しむ。これ大事だね。

さてさて、坂本不在の不穏なニュースで始まった試合も、そのマイコラさんと村田さんのおかげで快勝。村田さん、今日はたいへんよくできました。チャンスに打つもんだから驚いちゃったよw
神宮は非常に苦手なビジターカードだから、そこに行く前に先勝できてよかった。
ジャイアンツそのものが神宮と相性が悪い訳だけど、実は管理人の神宮とのそれは最悪に近い。最近ふとそういえば俺が神宮に観に行く日、全然勝ってないよなと気付いて調べてあら愕然w

2014. 8.20 ○ヤクルト2-1巨人●
2013. 4.28 ○ヤクルト2-1巨人●
2012. 4.20 ○ヤクルト2-1巨人●
2011.10.31 ○ヤクルト3-1巨人●
2011.10.30 ●ヤクルト2-6巨人○
2011. 7. 6 ○ヤクルト4-2巨人●
2010. 8.10 ○ヤクルト4-3巨人●
2010. 6.24 ●ヤクルト2-4巨人○
2009. 7.15 ○ヤクルト13-7巨人●
2009. 4.15 ●ヤクルト2-6巨人○
2008.10.10 ●ヤクルト1-3巨人○ ←※胴上げ日

これでも記憶の中よりは勝ってたんだけどw、まあやっぱり分は悪い。最後に勝ったのが2011年のCS1stステージで、レギュラーシーズンに限れば丸5年勝ってないw (それ以前はそこそこ勝ってたんだね。調べて思い出したけど確かに胴上げも観たわ。)

毎年行って5年も勝ってないんじゃ「管理人、おまえは神宮に行くな」という声が幻聴じゃなく本当に聞こえてきそうだけど、あいにく明日はレフトにおります。皆さん、明日は覚悟を決めて試合をご覧ください。


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
なんにも無い試合だった。
投打において本当に何もなく、見るべきものを無理に探さなきゃいけないような内容で淡々と終わった。今日の試合についてだけ書けって言われたら正直困ってしまう。

その中で見付けた唯一の輝きは立岡。
昨日スタメンを外れて代打で貴重なヒット。スタメンに返り咲いた今日は2安打。立派なもんだよ。
ジャイアンツの若手に欠けているのは、こういうガッツであり気持ちの強さ。調子のいいときは活躍しても、それが落ち着いて打てなくなるともうそのまんま。そしてスタメンを外されると代打で使われても結果を出せないし、代打で打てない機会が重なってそのうちフェードアウトしていく。ハッキリ言えば、橋本、中井、おまえらのことだ。
ジャイアンツファンもそういう若手を見慣れてる中で、この二日間の立岡は光ってたな。レギュラーを掴むんだ、1番バッターの座は譲らないんだ、って全身で語ってたよ。
立岡という選手をどう活かしていくかは実はかなり難しい問題だと思ってるけど、こういうところを見せられると応援したくもなる。2015年ジャイアンツ、野手ナンバーワンの成長株だよな。

さて、話を戻すと、今日の負け自体にさほどの重さはない。
連勝も止まる頃だったし、それより何より中日もいくらなんでもそろそろ勝つ頃だった。このカードも勝ちこせたし、週単位で見たら5勝1敗なんだから何の問題もないよ。

ただ、火曜日からのヤクルト戦は一つのヤマ。これからいくつも控えてるであろうヤマの一つ目。あの真っ黄色い甲子園で快勝してくるヤクルトの力は本物だし、ビジターゲームなのも大きな不安要素。火曜日が地方開催で神宮は2試合だけなのがラッキーだけどさ。
正直、旗色は悪いと踏んでるけど、真夏の首位攻防東京ダービーはちょっとわくわくするね。



にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
来ましたな。勝負の夏場、いよいよチームが勢いに乗ってきた感がありますな。

以前に管理人は、この混戦を抜け出してくるチームには必ずアイコンになる選手、目立った活躍をする選手が出てくると書いた。そういう選手がチームを引っ張り、弾みを付けられたチームのみが生き残るサバイバルと読んだ。
事実、最近うるさいほどにヤクルト山田の名前を耳にするし、阪神は若い江越くんが目立ってきた。
ジャイアンツにそういう選手はいないけど、こういう流れの掴み方、勢いに乗る方法もあるんだな。大変勉強になりましたよ。週に3度のサヨナラ勝ちなんて誰も予想できないし、目立つ存在がチームを牽引するよりも難易度が高い分だけ余計に勢いも付くってもんだ。

今日なんかは完全に負け試合。
高木は今日を見る限り平凡な並ピッチャーになり果ててたし、ちょっと今日の内容じゃ信頼して大事な試合を任せる訳にはいかない。ルナに打たれたとこよりも、グダグダのグダグダで捕まった6回を反省しろ。結果が出せてるうちは天然で可愛いだの、母性本能を擽るだの言われるだろうけど、結果が出せなくなったら残るのは図体がでかくて頭が弱いただのアホの子だ。

そういう負けるリズムの試合をひっくり返せた。
もちろんこれは福谷に因る部分が大。だから慢心は禁物。福谷は今日みたいにどうしようもない崩れ方をして盛大に燃える日が定期的にあるよな。中日さん、余計なお世話だけど、この子は先発させた方がいいんじゃないかい?

そういう事情がありながらも、しっかりそのチャンスを物にしたのは素晴らしい。
フォアボールだけじゃなくしっかりヒットを重ねてもぎ取った点だし、いくら弱ってる相手でも一打同点、一打逆転みたいな場面だと力んで打てないことも珍しくないしね。復帰以降リードオフマン的役割をしっかりこなしてる片岡さん、チャンス大好き坂本さん、たいへんよくできました。

さあ、この勢いで明日も勝とう。来週は苦手の神宮でヤクルトと決戦だから、このままの流れ、今の勢いで行きたい。今日の甲子園を見てもヤクルトめちゃくちゃ強いもん。そことぶつかる前に一つでも多く勝っておきたいのが本音。

勇猛邁進 進め片岡 m9(`・ω・´)!
ちょっと変えてみたw


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
覚えているだろうか?
2011年10月14日。優勝マジックを2にした中日が東京ドームに乗り込んできて、負ければ目の前で胴上げになるかもしれなかった試合。
関東の中日ファンも胴上げを見るべく意気揚々と東京ドームに来たその日、中日の先発はなんとプロ初登板のルーキー。その舐めた采配に発奮した巨人ナインは2回までに6点を挙げノックアウト。見事にプロの洗礼を浴びせ目の前の優勝胴上げを阻止した試合。

そう、そのルーキーこそ他でもない大野雄大。
大野はずっとずっとこのトラウマに縛られ、何年経ってもジャイアンツコンプレックスを持ってるように見える。
だから逆に言うと、ジャイアンツファンは大野に対してお得意様意識がある。やられた記憶はまったく無いし、どんな展開であれなんだか勝てるような気がしてる。だから、大野がリーグトップの9勝を挙げてるとか、名実共に中日のエースになっていることに違和感すら感じる。大野くんには申し訳ないけどこれ本音。

今日もいきなり序盤で炎上。4回から7回まで一人の走者も出せなかったところにその片鱗は見えたけど、やっぱりやっぱり勝負どころの8回に崩れた。
これはもう実力とかなんとかの話じゃなく、決定的に大野がジャイアンツに苦手意識があるんだよ。負けてばかりなことを自覚してるから力むし、気合いが空回りして他の球団に投げてるようにはパフォーマンスが出せないんだと思う。

そして、ガッツリと盛大に決めてくれたのは渦中の人村田さんだった。
今日はノッてたね。初回からチャンスで打点を挙げて試合にスッと入っていけたし、その次の打席ではヒットも出た。気持ちに余裕を持てる状況での打席だったから、これまでみたいに「打たなきゃ打たなきゃ」の気持ちが少し楽になってたんだと思う。まだ褒める訳にはいかんけど、とりあえず今日は文句なし。それと、ホーム付近で村田を出迎える坂本が非常にうれしそうだったのが印象的だった。2年前ガッツさんがサヨナラホームランを打った時も一番はしゃいでたし、なんだかんだで仲間思いの男なんだろね。

4連勝の2位浮上で首位阪神と0.5差。うん、いいんじゃない?

Let's Go GIANTS m9(`・ω・´)!



にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
勝つには勝ったどころか、二夜連続のサヨナラ勝ちで同一カード3連勝。
この上なく気持ちいい夜のはずなのに、今日一日で随分とチームが傷だらけになったような気がする。

まずは菅野。
菅野の武器は総合力と言われることが多いけど、各要素の中でわかりやすく突出してるのは制球力。ほとんどフォアボールを出すことがないし、その余裕からカウントが悪くなっても逆算してピッチングができるのが彼最大の武器。
その菅野が四死球6つ。この試合の前まで117回2/3を投げて26個の与四死球だった菅野が、今日の8イニングで6つ。とにかく今日はストレートのコントロールが悪かったし、梶谷に対しての4連続フォアボールなんかは目を疑うようなザマだった。

でも、それでもこれだけ投げたんだよ。
四死球は出す、三振は取れない。でもその代わりヒットらしいヒットもほとんど許さない。泥臭い重たいピッチングだったけど、結果は8回投げて無失点。つくづくすごいピッチャーだと思うし、好調のときだけじゃなく不調のときにも結果を出せるのが一流だよな。
・・・だから、今日は勝たせたかったなあ。その力投に報いてやりたかった。防御率はまた爆上げしたけど、わかりやすい形で勝ち星を付けてやりたかった。あと1アウトで零れ落ちていった勝ち星に、菅野もさすがにショックを受けたんじゃないかなと思うわ。ベンチで「あぁ」って顔してたし。

そして、その原因を作った澤村をスッパリ代えたことに驚いた。
原はそれについてマシソン、山口、澤村を一括りで考えているような話しぶりだったけど、他の二人とクローザー澤村じゃ降ろすことの意味が違う。
こうもバッサリ切ったのは予想外だったし、今後も調子が悪いと見ればこういうリレーはいつでも起こり得るんだなと気付かされた。時期的にはまだ早いけど、勝負の秋に備えていつでもスクランブルでいくぞってことなんだろな。
だけど、澤村はプライド傷付いたんだろなあ。澤村は必ずといっていいほどランナーを出すし、それでも抑えて積み上げてきた5勝22セーブな訳だから、「なんで今日に限って」って思ってるだろなあ。

心じゃなく身体に傷を受けてしまったのは亀井だけど、捻挫ならそんなに心配いらないかな。
最後の傷は、もはや熱心な読者のみなさんでも忘れてるであろう村田さん。数ヶ月前に書いたけど、初めてのときはニュースになる。だけど2回目3回目からはわざわざ取り上げられないし、誰も気にしなくなる。初めてスタメンを外れた、初めて代打を出されたときはそれなりに騒がれても、今じゃ終盤のチャンスに打順が回ると鉄板で代打を出される有様。「パパのホームランが見たい」と言ってた子供さんが、テレビを見ながら「あれ?パパは?」と言ってる姿を想像すると切なくなる。
で、またどういう訳だか村田にチャンスで回るんだよな。今日だって本当に画に描いたような展開で回ってきて管理人は困惑してしまった。だって0-0の8回に満塁で回ってくるんだよ。これだけチャンスに打てない人に。なんか持ってるってことなんだろうけど、そのツキが災いして今後もこういう残酷な代打は増えるだろな。
まあ村田さん、明日からまたライバルも増えるらしいけど、なんとか意地を見せて頑張ってくださいよ。その日の打席内容が良ければさすがに代打は出されないんだろうから、そう信じてやってくしかないでしょ。だって、このままじゃ仮にスタメン落ちしてもチャンスの代打になんか使えないんだから、本当の守備固め要員になっちまう。

今日はなんだか勝ったのに負け試合みたいな記事になったけど、これは書いとかないとな。
尚広、よくやった。


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
内海はこれでいい。降板の仕方とその回の先頭に出したフォアが反省材料だけど、6回7回まで投げ抜いてくれればそれでいい。完投だとかなんとかを求めたくなるのもわかるけど、先月内海が投げた日に書いた「左のエースは死んだ」が結論。
エースじゃなくても長いイニングを投げられなくても、こうしてきっちり試合を作ってくれれば十分なんだよ。杉内だってそうなんだから。勝てなかったのは残念だけど、むしろ今日の降板の仕方だと勝ちが付かなくて逆によかった気もする。本人も納得してないだろうしさ。次にきっちり自分の役目を果たして、堂々と勝ち投手になればいい。
ローテの軸じゃなくてもその一角は務めてもらわなきゃ困る選手なんだから、とりあえず今日はおかえりなさいって感じかな。選手のコメントを聞くにつけ、周りが思ってる以上にやってる側は内海が戻ってきたことを意識してるようだからさ、次こそ胸張ってお立ち台に上がれ。一週間後の水曜なら現地でしっかり見届けてやるから頑張れ。

そして、今日はやっぱり亀井さん。
亀井は決してチャンスに強いとは思わないんだけど、こうしてとにかく印象に残る一打を打つ。今日だってチャンスで打った訳ではないからね。
こういう勝負強さというか、持ってる感じはチームの中でも群を抜いている。だからこそこうして四番に座ってるんだけど、やっと今日その強みというか「らしさ」を出せたな。
野球ってヒット1本ホームラン1本の重みが同じじゃないから、こうして人の印象に残る場面で結果を出していくと相手の印象が変わる。それが積み重なると、威圧感とか恐怖感とか証明しにくいものが出来上がる。村田にはそれが無いから舐められるし、今年に至ってはどうでもいいところでの猛打も無くなって、結果とにかく打てない人になり果ててもうた。

閑話休題。亀井って決して率が残るタイプでもないし、いわゆる中距離打者でホームランも多くは見込めない。「じゃあ打点」って考えるのは至極当然だけど、実はかなり活躍したように記憶してる去年でも打点26。決して多くはない。
だけど、こういう意味のある打点というか、5点にも10点にも匹敵する打点を叩きだせる選手だと思う。去年までの村田が挙げる打点は0.5点とか0.1点の1点が多かったけど(今年はそれもございませんが)、その逆の値千金の1点を稼げる選手なんだと思うんだよな。
相手チームとそのファンが「亀井か・・・、なんかイヤな感じがするなあ」と思うような姿に、あるべき亀井の姿に近づく1本だったんでないかい?




にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村


♪うーみよ 俺の うーみよー

と歌ったかどうかは知らんけど、まあ相変わらずのサービス精神w 黙ってれば相当な男前にも関わらず、決して黙ってないのが原辰徳。
そして、これくらい突き抜けた人でないと巨人と阪神の監督は務まらん。去年カープの野村が、ソフバンの秋山がボロボロになって辞めたように監督職は超激務。称賛されるのは優勝したときのみ。後は叩かれヤジられ、壮絶なプレッシャーに絶えず追いかけられる何の見返りも無い仕事。給料だって部下にあたる選手の方が遥かに高いときてる。
その中でも人気球団の巨人、阪神は別格。監督に「辞めろ」と言うのは簡単だけどさ、そうそう成り手がいる仕事じゃないんだよ。鋼のメンタルを持ってるか、長嶋さんまでいかずともそれに近い面がないと続かない。

上の写真も大笑いできるけど、笑った後でいざ冷静に考えてみい。
チームは勝ったり負けたり調子に乗れない。連勝中とか首位独走の状況ならまだしも、日々頭を悩ますような状況下で記者にポーズを要求されてこれができるか?やっぱりなんか突き抜けてるよなw
原という人は間違いなくスーパー鋼メンタルだけど、これは記者の持つカメラの向こうに無数のジャイアンツファンが見えているからこそ。自分の姿が常に選手に見られ、その挙動が選手の精神状態に影響を与えると知っているからこそ。スポーツ新聞を見た選手が「監督は相変わらず明るいからなんか大丈夫な気がするな」と思ってくれればしめたもの。原がこうも役者チックで、こうもサービス満点なのは、自分自身を公人であると強く自覚してるからこそだと思うんだ。

そんな指揮官の思いと内心の葛藤を知ってか知らずか、松山の地で躍動してくれた選手たち。
一人を除いて打撃陣全員が頼もしく見えた16安打11得点の大爆発。いいね、今日は本当に打線がどこまでも続くように思えたし、強打のジャイアンツを思い出す暴れぶりだった。
そんな中、相川の骨折だけが残念だし、管理人は相川を非常に高く買ってたので悔やんでも悔やみきれないマイナス。相川を叩いてる人が少なからずいるのは知ってるけど、ここからが勝負の時期なのにかなりの痛手だぞこれ。失ってみて初めてわかるなんとやらになるよ。

それと、「一人を除いて」の一人の方、大丈夫ですか?いやホントに。
外のストレートにフルスイング!でも打球はバックネット方向へのファール・・・、本人バランス崩しておっととっとと・・・。最近しょっちゅうこれ見るけど、これやってるうちは絶対に打てないよ。一時期バッティング持ち直してきたなあと思って見てたけど、またものすごくダメになってるもん。
「死体蹴り」が代名詞だったのに、今日なんか死体相手に4の0だもんなあ。外野に1球も飛んでないしw
阿部と長野はアップダウンが極端だけど、総じて状態は悪くない。目立つから打てないとチームの足を引っ張ってるように見えるけど、こうしてきっちり打ってることもある。ちゃんとある。でも、村田・・・大丈夫かなあ。


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
いやぁ、ジョンソンっていいピッチャーだね。
恥ずかしながら、巨人戦以外でも見る機会がなくて今日初めてちゃんと見た訳だけど、数多いるサウスポー投手のいいところを集めたようなピッチャーだった。
貧打ぶりにイライラジリジリした向きも多そうだけど、今日は相手ピッチャーがよかったと割り切るべき日。見逃がし三振に象徴されるように、手も足も出ず翻弄されましたよ。
カープさんが今後優勝争いに絡んでくるかどうかはわからんけど、ジョンソンはちょっと分析して対策練らないとまずいだろね。マエケンくんや黒田と同等に考えなきゃいかんレベルだよ。

そんな中で収穫は田口くん。今年一番よかったんじゃないだろうか。
春先は輝いてたのに、このところ投げる度に内容が悪くなっていく一方だったけど、久々に腕を振ることと制球を両立できた快投。全然合ってなかったシアーホルツに余計なフォアを出してそこから崩れたのが残念だけど、これも糧にして勉強してくれればいいさ。だってまだ19歳なんだもん。管理人はいい年した高木がルーキー扱いされることには非常に不満だけど、田口くんは本物のペーペーなんだからさ。田口くん、負けはしたけど十分に及第点は付けられるから次も頑張れ。19歳にしてジャイアンツのローテを張ってることに胸を張れ。

まあ、予告先発の時点で半分負けを覚悟の試合だったはずだし、ビジターで2勝1敗なんだから御の字。今週一週間で見てもオールビジター6試合で3勝3敗。オールスター前があの横浜3連敗だったことを考えると、多少持ち直してきてなんとか凌いだ週とも言えるんでない?
大田が下に落ちたことが非常に気になるんだけど、人様に見せるくらいに上手くまとめられないから今日はここまで。
混セの中でヤクルトが抜けてきたように見えるけど焦りなさんな。まだひとヤマふたヤマどころか4つくらいヤマがあるから。ヤクルトの先発なんかいないも同然なんだからさ(ウソだと思ったら成績調べてみい)。まだまだ勝負はこれから。今年は長い夏になりますよ。


   ∧∧
  (  ・ω・)夏の西武ドームは熱中症に注意
  _| ⊃/(___
/ └-(____/


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
これだけ点が取れないと、選手任せにすることに限界を感じベンチが動きたくなる。それはよくわかる。

忘れてる人もいるだろうから書くと、今月5点以上取れたのは7日の5点、8日の7点、11日の11点の3試合のみ。この時期はすごく状態がよかったのに、気が付けばまた貧弱打線に逆戻り。
12日2点、13日4点、14日3点、15日2点、オールスターを挟んで20日2点、21日1点、22日2点、24日2点と、書いてるのも悲しくなるような得点力不足。「サッカーか!」と言いたくもなるってもんだ。

昨日の代打攻勢があったり、その前の甲子園でも代打で打った選手をそのまま守備に入れたり、原の試行錯誤がはっきり見えるようになってきたここ数日。だってほっといたら2点しか入らないんだもんな。そりゃ何かしたくもなるさ。

その気持ちはよくわかるんだけど、今日はいくらなんでも奇を衒い過ぎたなw
あまりにも奇策で、かつそれが立て続けに失敗したことでなんだか負け試合みたいな雰囲気になってもうた。うん、ハッキリ言うと、勝つべきじゃなかった試合に勝ってしまった変な違和感がある。

もちろん、成功してれば「さすが名将」「驚きの名采配」と称賛され、失敗してれば罵倒と非難が待っているのはわかってる。それは表裏一体の関係で、結果に関わらずプロセスについて評価をできる人はプロの解説者にも少ない。今日のだって決まってれば「原すげえ!」になってたさ。

だけど、①フォースプレーになる満塁でスクイズ、②打者がピッチャー、③三塁ランナーが球界一の鈍足阿部、の条件で奇策を打ったんじゃ擁護もできないわ。3つセオリーを破ったら、そりゃあもう成功確率なんて推して知るべし。セオリーって成功確率に基づくもんなんだからさ。
ランナー一塁三塁のダブルスチールも、あれはプロ野球じゃ成功しない策だ。今年既に一回成功しちゃってるし、高校野球においては有効なんだけど、ピッチャーカットも含めてプロが普通にプレーしたらよほどのことが無いと成功しない。この二つとも万馬券に財布の中身を全て賭けてしまった感があって、正直見てて呆れた。

長年に渡って原の野球を見てる者として、この奇策に「らしさ」は感じない。
もともとダブルスチールは好きな監督だけど、それは一塁二塁から走る通常のダブルスチール。
スクイズもやらないこともないけれど、どちらかというと勝ち越し点が入った後でダメ押しで使って精神的にもダメージを与える方法論。今日の攻めは原野球の中には無い戦法だったように思う。

だから原さん、動くことはいい。管理人はそれには異論はない。動かなかったら点なんか入らんし。だけど、あくまで自分の中で納得できる動き方で、しっくりくるやり方でやってくださいな。



にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

素晴らしい投げ合いだった。今年既に4度目となったこのエース対決だけど、過去3回を上回るハイレベルな投手戦。共に日本のエースとなれる器の二人が競い合ったまさに至高の試合だった。

エースが投げ合うとなれば、誰もが投手戦を予想する。だけど、必ずしもそうはならないのは野球ファンならご存知の通り。
それがこの二人の場合、4度やって4度とも投手戦。それがレベルの高さを証明してるし、互いが互いを意識してるからこその相乗効果。

マエケンくんは序盤つけ込む隙があったように見えたけど、調子が上がってきた中盤からはもはや鬼畜の域。狙い通りのところにストレートでなくスライダーが行くマウンドマスターぶりで、真ん中よりから右打者のバットが届かない外角まで曲がるスライダーは圧巻だった。
菅野が光ってたのはストレート。ランナーは出してもそれ以上進塁させない。むしろランナーを出してからこそ本領発揮と言わんばかりの余裕。フォアボールの心配が無い制球力をバックボーンに、まさに「打者を料理」という表現がピッタリの快投。
二人とも持ち味を存分に発揮し、相手が無失点のうちは自分も失点するものか、相手が投げてるうちは先にマウンドを降りてなるものかと競い合った熱き投手戦。うん、この二人はライバルって言っていいのかもな。

原もなりふり構わぬ采配で菅野の好投に応えた。放送じゃ全く触れられなかったけど、長野に代えて由伸、村田に代えて堂上の代打攻勢はちょっとしたエポックメイキング。東京ドームだったら観客がどよめくであろう鬼采配。
やっぱり今日の試合は、菅野とマエケンくんが責任投手になるべき試合。勝っても負けてもリリーフに勝ち負けが付くのはなんか興ざめしてしまうような内容の試合。菅野に勝ちを付けるべく勝負を賭けた原の心意気、しっかり伝わったよな。

そして、チームが軌道に乗るにはこれはとっても大事なこと。
『エースが投げる日は必ず勝つ』 このリズムができればチームにもリズムができる。今日は勝って明日は負けてを繰り返してるチームに、しっかり軸ができて起点ができる。
そう、混戦を抜け出す一つの鍵はこれ。菅野が投げる日は勝つ。これができてくればいろいろ変わるぜい。

 ♪ ゆーるがぬ思いそーの胸にー
   ∧_∧
   (・∀・ )
((( ミ゙゙ミ゙゙ミ )
  ミ゙゙ミ゙゙ミ
   ゙゙゙゙゙゙

 ♪ たーましい込めたスートレートー
   ∧_∧
  ( ・∀・)
  ( ミ゙゙ミ゙゙ミ )))
   ミ゙゙ミ゙゙ミ
    ゙゙゙゙゙゙

 ♪しょーりーへつづーく道
   ∧_∧
   ( ・∀・ )
   ミ゙゙ミ゙゙ミ
   ミ゙゙ミ゙゙ミ
    ゙゙゙゙゙゙
 ♪ すすーめ菅野智之

 ミ゙゙ミ ∧_∧ ミ゙゙ミ
 ミ゙゙ミ( ・∀・ )ミ゙゙ミ
  ゙゙\   /゙゙゙
    i⌒ヽ|
    (_) ノ
     ∪


 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

確かにポレダは対策を立てられた気がする。まあ阪神からすれば4戦4敗の天敵なんだもんな。そりゃ真剣に分析もするさ。
ただ、それを感じたのは初回じゃなく無得点に抑えたイニング。いい当たりがガンガン出てて、阪神打線がしっかりと策を練ってきたのが見えた。マートンと良太の連続レフトフライなんか両方3ランかと思ったもんな。

で、巨人ファンの大半が早々に諦めムードになってしまった初回3失点は、よくよく見ると別に打たれてない。ヒットらしいヒットなんて鳥谷だけだろ。
問題の立岡は要反省。だけど、身体能力だけで外野守備をやってきた訳だから同情はするけどね。ずっと外野手でやってきた選手なら厳しいことも言いたくなるけど、彼の場合は経験の無さを足の速さで補って広い守備範囲がある訳だから、まあ時折こういうことも出てきますよ。立岡には「気にしないで頑張れ」と言いたいわ。

そして何よりも、その諦めムードがそのまんま的中してしまうのが情けない。
せっかく一時期すごくいい調子だったのに、気が付けばまた2点打線に逆戻り。「3点なんて取れないよ」と冗談半分で初回に言ってたのが、あれよあれよと本当にそのまま終わってしまうこの情けなさ。今日の能見は攻略しないといけない出来だし、ボール先行フォア連発で向こうからチャンスをくれてるのにまったく点にできないのが悲しい。今日は一昨日の岩田や昨日のメッセと同じに考えちゃいかん。遅くとも中盤にはKOできたはずだよ。

で、原もいろいろ試行錯誤してんだよ。
代打に大田を出してヒットが出たら、立岡に代えてそのまま守備に就かせた。堂上が代打ホームランを打ったら、今度は大田を下げてそこに堂上を入れた。少しでも状態のいい選手を使おう、選手任せじゃどうにもならないからベンチ主導でなんとか点を取ろうと足掻いてんだよ。
原に文句ばっかり言ってる人は想像してみればいい。手持ちの駒はどれもこれも思うように動かないし、そのどれもこれもが一流の実績があるもんだから扱いが難しい。あれを切れこれを使えと外から言うのは簡単だけど、人を使うってのはそういうことじゃないからな。伊原が西武でどうなったか思い出してみりゃいいさ。

今日で89試合目にして未だ出口の見えない暗中模索だけど、勝負はまだこれから。3位に落ちたみたいだけど、こんなにチーム状態が悪いのに手を伸ばせば首位に届く位置にいる。これが千載一遇のチャンスでなくてなんだ?
マツダの初戦は菅野かな?一日休んで切り替えて何度でもリスタート、何度でもトライアゲインですよ。

Let's Go GIANTS m9(`・ω・´)!


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
なんだろう。分析する間もなくトントン拍子で試合が終わってしまった。
あまり悔しい気持ちもなく、そう?負けたの?とサクサクッと負けた感あり。

メッセは桑田が絶賛するほどにいいとは思わなかったけど、やっぱり角度の付いたストレートは威力抜群。球速以上に差し込んで来る球に立岡なんか身体の後ろで打ってたし、終盤になっても150キロ超えを連発してくるのはさすがだった。
でも、今日は結構甘い球もあったんだよな。カーブのキレとか制球はいまいちだったように思う。
だから、メッセがよかったのか、それとも巨人打線が情けなかったのかはよくわからない。どっちの意見も正しい気がする。

杉内は相変わらず。いつもの杉内。
今日はストレートがグオーンと伸びてたし、変化球のキレも文句なし。特別にいいとまでは思わないけど、杉内らしさは存分に発揮したピッチング。悪く言うと、ちょうど6回で力尽きたのも実に今年の杉内。
だけど、もう少し続投させてもよかったかなという気はする。球数73だったしさ。それに、6回2失点ってのは杉内に求められてるラインそのものなんじゃないだろうか。だから、あんまり責める気にはならないんだよな。杉内よりは打線に矛先を向けたくなる。

だけど上で書いたように、今日は打線がだらしなかったのか、メッセがすごかったのか評価に迷う。
だから、あぁ、負けたのねと至極冷静になってしまう次第。管理人的には「相川すげえ!」で今日の試合は終わり。管理人は打者相川にはチーム1の信頼を置いているし、これでオールスター前のハマスタと合わせて2連続代打タイムリーだよな。勝負強さも尋常じゃないわ。

まあ明日勝てばいいってことですよ。虎キラーポレダさんお願いします。中継ぎにしたいと公言してる原が黙るくらいの好投でお願いします。


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
いよいよ勝負の後半戦。
相変わらずの貧打、依然として不安の残る中継ぎと問題は山積みながら、今日は勝ちに行ってしっかり勝てた試合。

今日のポイントは澤村の起用。
イニング跨ぎで8回2アウトからの緊急登板。マシソンが悪いと見るやスパッと見切りを付けたことにも意味があるし、いつでもこういう使い方ができるんだぞという意味でも大きな1勝だった。
澤村は長く先発を務めてきたピッチャーな訳だから、イニング跨ぎとかロングに関しては他のリリーフピッチャーより分があるはずなんだよな。回を跨がせると集中力が切れてダメになるピッチャーがよくいるけど、澤村は3年間ずっとそれをやってきたんだもん。
体力的に無理させちゃいかんけど、今日みたいな有事の際には遠慮なくイニング途中から出すべきだよ。これはクローザー澤村の強みなはずだもの。

さあ、幸先よく後半戦白星スタート。
今日は結果がよろしくなかったけど、管理人は打線についてはそんなに心配してない。それよりもサードの人はどうしちゃったんだ?堅実な守備が売りのはずが、捕れる打球を二度もヒットにしてくれて愕然としちゃったんだけど。何度も何度も書いてるけど、打てなくても打てなくても打ったときのために守備はしっかりしてなきゃいけないんだよ。投手力と守備力で抑えていてこそ少ない得点でも勝てるんだから。あれか?横浜でのサヨナラエラーからまた病んじゃったか?



  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´・ω・) <まさかの脚光を浴びるレイサム
 ( つ旦と)  \____
 と_)_)

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
 

もう登校拒否ならぬ投稿拒否ですよ。
横浜まで行って雨の中応援して、最後の最後があれですよ。そりゃ具合も悪くなるってもんですよ。もうブログ書くのやめて寝ようかと真剣に思いましたがな。

  
 
押されっぱなしの感じではあったけどさ、ギリギリのところで踏み止まってなんとか耐えてきたゲームな訳じゃん?まずい守備もあちこちに出ながらも、凌いで凌いで同点で最終回までもってきて、勝つか負けるかわからない面白い試合にできてたじゃん?
一発勝負の代打でしっかり決めた相川、尚広ホーム憤死に隠れたけど大田だって代打で結果を出した。笠原も気合いが入ってたし、管理人は久々に背中の47番を誇らしく思ったよ。

それがこういう形で終わるんですか。はぁ・・・。
村田さん、ご家族と球場で25番ユニを着てる人たちをどこまで苦しめるおつもりですかね?もうなんか、扱いに困る感じの存在になってきちゃったよ。

偉大なV9戦士、高橋一三さんが亡くなられた日、餞どころかひどい試合になっちゃったなあ。
で、一三さんの背番号を受け継いだゴリラは、どういう訳だか今日祖国へお帰りになられました。月末あたりに戻ってくるそうだけど、ゴリラってワシントン条約の規制対象なはずだから、なんならそのままでどうぞ。


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
勝てる試合、いや勝っておかなきゃいけない試合でしたな。
序盤の楽勝ムードはどこへやら、天国から地獄へ真っ逆さまに転落した真夏の夜の淫夢、いや悪夢。

ベイス先発の石田くんは、まだ何がある訳でもないただ左で投げてるだけのピッチャー。ストレートには多少力があったけど、それにしたって脅威に感じるほどじゃないレベル。こっちの打線が早々に捕まえたのがその証拠だし、向こうのセンターがボールを見失ったベイスボールまで飛び出して、なんだかなんだか試合が緩んだ。いつでも打てる、今日は勝てると相手を甘く見る空気があったことは否めない。

「杉内ファンの管理人、杉内はどうなの?」という声に答えるならば、今日はもう調子がどうこう以前に暑さに負けたように思う。
なんか序盤から既に100球投げ終えた後のようなヘロヘロぶりで、上手く表現できないんだけど投げる前から疲れてるように見えた。時折いいストレートはあったし、チェンジアップは出色の出来栄えだったんだけど、そういう細部を見る前にもうなんだかいつもの6回7回あたりを見てる感じが常にした。
この異常な暑さの中、今年35歳になる杉内は戦わずして負けた感ありなんじゃないかな。
ひと昔前ならもう引退してるような年齢な訳だからさ、今後もこういう傾向は顕著になっていくと思うよ。具体的にいえば野外よりドーム、夏より春・秋。ベテランなんだから仕方ないんだよ。それを否定するなら50歳でも60歳でも野球選手が務まることになる。いつまでも毎回毎回コンスタントに結果を出し続けるのは難しくなっていくだろうけど、前回素晴らしいピッチングができたようにまだまだ杉内は死んでない。次を見てなさい。ヤツはクールに見えて負けん気強いから。

それと今日は香月かな。彼を出した采配も含めて。
香月が頑張ってること、目立たないけどいい結果を出してること、彼のような敗戦処理・ロングリリーバーがチームには必要不可欠なことは認める。百も認める。
だけど、今日試合後に原が言った「あそこを止めるのは難しい仕事。香月は責められないでしょう」にはちょっと疑問符がつく。香月を庇って言ったコメントなんだろうけど、あそこも何もホームランでランナーが一掃された後だったんだけどな。部下を守ってやる管理職のコメントと受け止めるけど、ノーアウトランナーなしで抑えられないようなピッチャーなら出さないでくれ。打者6人に被安打5被ホームラン2の5失点ってなんなんだよ。ブルペンで1球も投げてなかったんじゃないか?って言いたくなるぞ。

で、ちょっと話を戻すと、香月を勝ちパターンの中継ぎと認識してる人は誰もいない。上記のように大事な戦力であることは100%認めるけど、その役割は大量リードの試合かビハインドの捨て試合。そういうのって見てる方が感じるくらいだから、グラウンドでやってる方は尚更だと思うよ。逆転されて先発がKOされた。そこで出てくるのがそういう役割のピッチャーだと、もうやってる方が試合の流れを勝手に読んじゃうよ。オールスターを控えて中継ぎに無理が効く状況な訳だから、宮國でも出して「まだこの試合は諦めてない。勝ちに行くぞ!」って姿勢をベンチが見せるべきだったんじゃないかなあ?結局8回に宮國を無駄使いで出してんだからさ。

杉内の代え時、代える人選、そのいずれもちょっと納得がいかない感じだったなあ。取りに行くべき試合だったと思うけど出し惜しみして負けたように思う。
そして、管理人はそろそろ先日ファームに落ちた戸根の代役で青木、香月や矢貫の代わりで久保が見たい。豊富な経験を誇るこの2人にチャンスをあげてもいいんじゃないの?


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
村田っておもしれえなあ。つくづくおもしろいわ。

先だって書いたように調子は非常にいいんですよ。今年の中でいいんじゃなく普通にいい。今なら誰と比べても見劣りしないような好調ぶりですよ。
右にホームランを打って以降インコースを捌けるかどうかに着目してたけど、阪神戦の時点から引っ張った打球が多く出てたし、なによりも今日の見事なホームラン。頭がまったく動かずクルッと回転でボールを運んだ会心の一撃。本当に鮮やかなバッティングだったよね。

そして、どういう訳だか村田にはチャンスで打席が回ってくる。
1点ビハインドの2アウト満塁、荒れた試合もここで決まるだろうという天下分け目の関ヶ原。プロ野球ニュース風に言えば「熱視線」を付けるポイントで、管理人は「打ったら勝ち、打てなきゃ負け」と確信して見たポイント。

もちろん、バッティングの調子とチャンスで打てるかどうかは別問題。何度もそう書いてきたし、特にこういう試合を決めるようなチャンスはメンタル面が多分に影響するから尚更。わかってます。ええ、よーくわかっております。

だけど、真ん中ストレートを見逃がし三振ってのはすごいわ。
変化球待ちだったんだろうし、そう読むのが妥当な状況ではあったけど、こうして画になるネタを提供してくれるのが村田ならではだよな。
昨日今日野球を見始めたようなファンでも「振れよ!」って言いたくなる最高のネタ凡退。同じ三振でもフルスイングして空振りしてくれれば、悔しいけれどまあ納得もいくじゃん?ホントにこう、なんJ民へネタを提供することに長けてるというか、やることなすことに大きな波紋を残すタイプというか、実に村田は村田でもう笑ってしまった。だって、今の調子ならあの球をホームランしててもおかしくなかったよ。チャンスじゃなかったら9割方仕留めてたんじゃない?

喜んでいいやら悲しんでいいやら、管理人の「熱視線」は的中し無念の連敗。
高木の調子やら、矢貫の使い方やらもあるけど、なんかマッチポンプ的に村田さんにもっていかれましたよ。涙のヒーローインタビューとは違った意味での村田デー。なんかこう、何をやってもネタになる千両役者ならぬ千両芸人に乾杯。


にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
「ジャイアンツの打順はこれで決まりだ!」

なんて思ってるジャイアンツファンはおそらく一人もいない。
立岡が頑張ってることは100%認めながらも、8月9月とこのまま1番立岡でいけるかはまだ未知数。坂本、亀井、長野のクリーンアップに至っては、一時的なものだってことを誰もが理解してる。阿部が四番に上がるタイミングがいつになるのか、長野は5番のままで指定席1番にはならないのか、大田やアンダーソンはどう使うのか。ジャイアンツファンはそんなことを頭の片隅で考えながら今の打線を見ている。

何が言いたいかというと、今日はまだ7月12日。試合数にして83試合目。
まだしっかりとチームを固める段階ではなく、あれこれと試しながら残りの60試合を消化していく時期。体力的にハードな8月、勝負が決する9月を控えて、よりベストな形、できるだけ多くの選択肢を模索していく段階。

打線がそうなら、当然投手陣もそうであっていい。
「・・・ん」と引っ掛かった思いがあるであろうことは否定しない。ただ、それは「巨人はピッチャーはいい、打線が問題」と春から散々聞かされてきた既成概念によるもの。いいものはそのまま、悪いところにメスを入れるべきと思い込んでるからそうなる。
先発は菅野、杉内、高木、ポレ、マイコ。セットアッパーで山口、マシソン。抑えで澤村。
・・・と決まった訳ではないと思うんだ。打順にまだまだ改良の余地があるように、このピッチングスタッフだってまだあれこれ試すべき。いや、試してるんだなあと今日しみじみ思った。

今日の勝ち負けに拘るなら、マシソンはイニング途中で代えるべき。それは誰の目にも明らかだった。
でも、まったく微動だにしないベンチを見て、管理人はマシソンがセットアッパーとしていけるかどうかの試験を見せられているような気になった。
今日がCSだとして、この緊迫した展開で1イニングを任せきれるのか。自分で招いたピンチを自分で封じることができるのか。原はそんな視点でマウンドの剛腕リリーバーを見つめていたんじゃないかと想像する。

明日からのベイス3連戦。1枚足りなくなる先発枠は2軍から田口くんを上げて補うそうだ。
何度も何度も中継ぎで結果を残し、ロングリリーフも務められるポテンシャルの高さを見せている宮國を差し置いて。
それってつまり、首脳陣が宮國をセットアッパー候補として見ている証拠なんじゃないかなあ。マシソンじゃダメだと決定的な判断をした後に、その重責を担ってもらうために中継ぎ用の調整を命じてるんじゃないだろうか。

山口だってそう。先日、原の「使い方は変えない」コメントに管理人も反応してしまったけど、よくよく考えてみればそれは当たり前。指揮官が口に出すときはそれすなわち最終決定を下したとき。「変えたいんだけどろくな代わりがいないから変えられない」なんてことは死んでも言えないからな。
ただ、山口の場合は先日の戸根や今日の京介の惨状を見る限り、その日はまだまだ遠そうだけれども。

残り60試合。目の前の試合を見ながらも10月のチームの姿を思い浮かべ、その2つを交互に見比べながらチームは前に進む。悪いながらもしっかり試合を作ってみせたエースの姿と、破壊力が戻ってきた打線にほくそ笑みながら、まだこれから形を変えていくであろう勝利の方程式に思いを馳せる夏の夜。・・・え?今日の負け?痛くも痒くもないよ。試合見てたらわかるでしょ?

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
いいねえ・・・。何にも言うことないね。

一人も変わらずまったく同じメンツでやってるのに、打線の迫力がまるっきり違うでしょ?
何の期待もできなかったクソ打線御一行様はいずこへ、今はどこからでも点が取れそうな相手に威圧感を与える強力打線に見えるもの。

ここまで様変わりした一番の原因はスイング。
俺はやっぱり振らなきゃダメだと自分を取り戻してくれた人あり、去年のよかった姿を取り戻そうと原点回帰してくれた人あり。小さく振ったように見えるヒットでも、しっかりボールを叩けてるから打球が強い。空振りしないようにとただただ小さい萎縮したスイングになってた先月までとは雲泥の差。

そもそも、どこまでが本当なのかなんてわからんけど、コンパクトなんてのはチーム方針として掲げるような類のものじゃない。
試合の中で円陣を組んで、相手ピッチャーが予想以上に速いから振り遅れないようコンパクトに、と指示するならわかるけど、常日頃から意識して取り組むようなもんじゃない。
村田真一コーチがあまりに無能な不要人員だから、ウソも本当も含めておもしろおかしく誇張されてる部分も多分にあるんだろうけどさ。

「調子」という表現じゃなく、ちゃんとしっかり強くなった。打線はもともとマイナスだったものが普通に戻ったんだから、一時の浮き沈みじゃなくそうそう簡単には落ちない確信がある。
しっかり投打が噛み合い、威風堂々戦えるようになった王者読売巨人軍。長かった大混戦セリーグが終わる日もすぐそこまで来てるよ。


 STAY GOLD
 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村
ね?開幕したでしょ?
管理人がこの前「今年最大の手応え」と書いたチーム状態を甘く見なさんな。今は間違いなく強いジャイアンツだから、勝とうが負けようが安心して見てなさい。クソみたいな試合にはならんから。

メッセンジャーはすごく良かったと思うよ。球は速いし、彼特有の2階から降ってくるようなカーブも効果的で十分にいい出来だったと思う。
でも、それを打ち崩せるだけの力が今のジャイアンツにはあるってことですよ。格下のピッチャーを打ったんじゃなく、阪神のエースを攻略してものにした逆転勝利に大きな意義あり。
もともと先発ピッチャーは12球団ナンバー1だし、こうして打線が機能すると野球の王道のような勝ち方ができる。ちょっとリリーフに不安はあるけど、1点差じゃなく3点差だとどうにかなるんだよ。山口とマシソンにハラハラしながらも、点差があるからどこか気持ちに余裕があったでしょ?それは見てる側だけじゃなくやってる側も同じだもの。うん、ファンが待ち侘びた2015年の読売ジャイアンツがここにあるね。

で、今日の全てを持っていってしまった感のある村田さんだけど、この前書いた通り今は状態いいですよ。バットの入れ方が最短距離で行けるようになって、今日みたいな真ん中から外寄りのコースには対応できると思う。
でも、あれこそコンパクトで、合わせること弾き返すことはできても、あのままで振り抜くことは難しいと思う。今日は予想通り詰まったインコースのボールを明日以降どう捌くか楽しみにしてる。

・・・感動したりもらい泣きしたりすることを否定はしないけど、管理人は今日の村田の涙には何も感ずるところはなかった。金本や篠塚がえらい冷ややかに見てたけど管理人もそっち寄り。
村田に大切な家族がいるように、打たれたメッセにも家族がいて負けた阪神の選手たちにも家族がいる。村田が試合に出ることで出られない中井や吉川にも大切な人がいるだろうし、彼らがいることで上に上がれず二軍で燻ぶっている選手たちも同様。たまたまヒーローインタビューだったから家族が来てることを言えただけで、家族を呼んだけど活躍できなかった話なんて毎日各地の球場で起こってる話なんだよな。
一生懸命やってるったって、それはチーム内のライバルも相手チームも一生懸命やってるし(やってないのはよみうりランドで飼育されてるゴリラくらいなもんだろ?)、厳しい言い方だけどプロは結果を求められるからプロなんだ。子供が来てると頑張れるなら毎試合呼べばいいし(マイコラスはそうしてるだろ?)、期待されてる役割ともらってる報酬を考えたら、まだまだまだまだやってもらわんと。
今のフォームだと藤浪くんには苦戦しそうな気がするけれど、明日も頑張れ村田さん。これだけボロクソに言われ続けて、もうなんJにネタを提供するだけの7番打者になりつつあったのにドームには25番ユニを着たファンがかなりいる。彼ら彼女らも今年ずっと泣きたい思いでいたはずなんだからさ、明日も美味しいお酒を飲ませてやってくださいな。

にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村


<< 前のページHOME次のページ >>