忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
去年はダパンプがあったけど今年はヒット曲らしいヒット曲なし。一番流行ったのはどぶろっくのアレではなかろうか。     ※コメントに書きたくないご意見ご感想はcoolvanilla3(アットマーク)gmail.com までどうぞ  
[1826]  [1825]  [1824]  [1823]  [1822]  [1821]  [1820]  [1819]  [1818]  [1817]  [1816
プロフィール
HN:
一喜一憂
性別:
男性
自己紹介:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
最新CM
[11/21 SSA管理人]
[11/20 あにーす☆]
[10/29 あにーす☆]
[10/26 SSA管理人]
[10/26 SSA管理人]
[10/24 よしぞー]
[10/24 あにーす☆]
[10/24 SSA管理人]
[10/23 あにーす☆]
[10/17 あにーす☆]
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア

素晴らしい投げ合いだった。今年既に4度目となったこのエース対決だけど、過去3回を上回るハイレベルな投手戦。共に日本のエースとなれる器の二人が競い合ったまさに至高の試合だった。

エースが投げ合うとなれば、誰もが投手戦を予想する。だけど、必ずしもそうはならないのは野球ファンならご存知の通り。
それがこの二人の場合、4度やって4度とも投手戦。それがレベルの高さを証明してるし、互いが互いを意識してるからこその相乗効果。

マエケンくんは序盤つけ込む隙があったように見えたけど、調子が上がってきた中盤からはもはや鬼畜の域。狙い通りのところにストレートでなくスライダーが行くマウンドマスターぶりで、真ん中よりから右打者のバットが届かない外角まで曲がるスライダーは圧巻だった。
菅野が光ってたのはストレート。ランナーは出してもそれ以上進塁させない。むしろランナーを出してからこそ本領発揮と言わんばかりの余裕。フォアボールの心配が無い制球力をバックボーンに、まさに「打者を料理」という表現がピッタリの快投。
二人とも持ち味を存分に発揮し、相手が無失点のうちは自分も失点するものか、相手が投げてるうちは先にマウンドを降りてなるものかと競い合った熱き投手戦。うん、この二人はライバルって言っていいのかもな。

原もなりふり構わぬ采配で菅野の好投に応えた。放送じゃ全く触れられなかったけど、長野に代えて由伸、村田に代えて堂上の代打攻勢はちょっとしたエポックメイキング。東京ドームだったら観客がどよめくであろう鬼采配。
やっぱり今日の試合は、菅野とマエケンくんが責任投手になるべき試合。勝っても負けてもリリーフに勝ち負けが付くのはなんか興ざめしてしまうような内容の試合。菅野に勝ちを付けるべく勝負を賭けた原の心意気、しっかり伝わったよな。

そして、チームが軌道に乗るにはこれはとっても大事なこと。
『エースが投げる日は必ず勝つ』 このリズムができればチームにもリズムができる。今日は勝って明日は負けてを繰り返してるチームに、しっかり軸ができて起点ができる。
そう、混戦を抜け出す一つの鍵はこれ。菅野が投げる日は勝つ。これができてくればいろいろ変わるぜい。

 ♪ ゆーるがぬ思いそーの胸にー
   ∧_∧
   (・∀・ )
((( ミ゙゙ミ゙゙ミ )
  ミ゙゙ミ゙゙ミ
   ゙゙゙゙゙゙

 ♪ たーましい込めたスートレートー
   ∧_∧
  ( ・∀・)
  ( ミ゙゙ミ゙゙ミ )))
   ミ゙゙ミ゙゙ミ
    ゙゙゙゙゙゙

 ♪しょーりーへつづーく道
   ∧_∧
   ( ・∀・ )
   ミ゙゙ミ゙゙ミ
   ミ゙゙ミ゙゙ミ
    ゙゙゙゙゙゙
 ♪ すすーめ菅野智之

 ミ゙゙ミ ∧_∧ ミ゙゙ミ
 ミ゙゙ミ( ・∀・ )ミ゙゙ミ
  ゙゙\   /゙゙゙
    i⌒ヽ|
    (_) ノ
     ∪


 にほんブログ村 野球ブログ 読売ジャイアンツへ
にほんブログ村

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
生で見たかった…!
(しかし生で見てたら4番の人に絶望して投球を楽しむどころじゃなかったかもしれない…)

丸を三振に切って取った時のWガッツポーズ
最終回の鬼肩

ああ^〜次世代バッテリー最高なんじゃ〜
もぐ 2015/07/24(Fri)23:52:43 編集
ああもう
ホントにシビレる投手戦でした…。
見たかった菅野くんの魂こもったピッチングを見られて至福。
菅野くんは小林くんと組ませて欲しかったのでそこも嬉しくて。

内容的にはどちらも最初調子は良くなかったにしても、マエケンくんの方がずっといいように思えて毎回ランナーを出す菅野くんにびくびくしていました…。
が、その1点もやらない、先にマウンドは降りないという気迫、燃えるものが回を追うごとに感じられてヒリヒリしましたね…。
4度やって4度とも1点差とか、本当にすごい…。
ただ出来れば完封して欲しかったし投げきって欲しかったけど、球数もいっていたし仕方ないのかな。

球宴で、尊敬する黒田投手からいろいろお話を聞けたようで、昨日の投球を見てもいい時間を過ごせていたのだな…と思いました。
まだマエケンくんを上回ってはいなくても、こうして対等に渡り合える投手は多くはない訳で、これからも刺激しあって高みに昇っていって欲しいです。
いやでもまだマエケンくんとのエース対決は結構あるようで、ドキドキしすぎてもちませんわ私…。
カープさん、ズラしてくれませんかのぅ(笑)。


打線の方は…援護が厳しそうだな~よくて引き分けかと思っていたら9回急展開にびっくり。
由伸くんもさすがでしたが、坂本くんのフォアボールも大きかったですね。
そこから采配も含めて繋がっていく様は久々に胸が踊りました。
必死に祈りまくりでしたが(笑)。
堂上くんも素晴らしい、貴重な1打でしたね~。
小林くんの盗塁阻止、あれが彼の良さの1つだな~とすごく頼もしく思いました。
まだまだ勉強するところは多いとしても、少なくとも彼が出ている時は走られ放題にはならないと(笑)。
いろいろ叩かれていたりもするようですが、自分は暖かく見守り、より一層応援したくなっています。
もぐさんのおっしゃる通り!

あっ管理人さん、AAめちゃめちゃかわいいですね♪
癒されました~(*´-`)。

高木くんも続いて欲しいです!



あにーす☆ 2015/07/25(Sat)11:48:36 編集
>>もぐさん
小林はまだしも、菅野は次世代じゃないんですよね。もう既にしてジャイアンツのエースであり柱です。

ランナーを出したときに「あぁ、やっちゃった」と感じるピッチャーが多いのに対し、彼だけは「いやいや、ここからが菅野」とどーんと構えて見られる存在。この奥深さというか底の見え無さが彼の最大の武器です。
SSA管理人 2015/07/26(Sun)00:51:21 編集
>>あにーす☆さん
最低あと2回この対決あるみたいなんですよねえ。なんとも言えないし、責めるべきは日程組んでるNPBなんですけども。

だけども、こうやって磨かれていくのがエース。予告先発制だからエース対決になることで客も呼べるし、相手のエースを避けて稼いだ勝ち星よりも、修羅の道の中で勝ち取る勝利に真の価値あり。
今年は1勝の重みが大きいので不安な面もありますが、今年の経験は菅野をより大きくすると思いますよー。
SSA管理人 2015/07/26(Sun)01:03:47 編集


<< GIANTS PRIDE 2015 その92~動~HOMEGIANTS PRIDE 2015 その90~暗中模索~ >>