忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
どうぶつの森に癒されてますw  ※コメントに書きたくないご意見ご感想はcoolvanilla3(アットマーク)gmail.com までどうぞ  
[1052]  [1051]  [1050]  [1048]  [1047]  [1046]  [1045]  [1044]  [1043]  [1042]  [1041
プロフィール
HN:
オレンジ色の魂を燃やせ
性別:
男性
自己紹介:

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
最新CM
[12/09 SSA管理人]
[12/06 あにーす☆]
[12/01 SSA管理人]
[11/30 あにーす☆]
[11/29 SSA管理人]
[11/23 ジャビ夫]
[11/22 SSA管理人]
[11/20 ジャビ夫]
[10/26 SSA管理人]
[10/25 あにーす☆]
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
ガタガタガタッ

と部屋が揺れた。一人で仕事で千葉にいた。千葉のアパートだかマンションだかわからない建物の室内にいた。
人間、不思議なもので、初めは起きた出来事を自分の日常の感覚で処理しようとする。俺も「あー、電車が通るとこんなに揺れる部屋なんだぁ・・・、あれ?線路近くにあったけか?」なんて考えが頭をよぎった。

違う!地震だ!
数秒の後に気付き、走って部屋から逃げた。建物を出て、通りの真ん中まで、周りの建物が崩れたりしても逃げられる場所へ出た。隣のマンションからも弾かれるように出てきた人がいて、互いに顔を見合わせて「でかいですね」なんて話してた。
かなり長い時間に感じられた。
その時、道路の真ん中で、ビルの合間から見上げた青空はきっと忘れられない光景になることだろう。揺れが収まっても、自分の平衡感覚が麻痺したのか、はたまた足が震えていたのか、いつまでも揺れている感覚があって気持ちが悪かった。

我ながら、これは迅速で賢明な対応だったと思う。
それは過去の経験に起因する。自分の生まれた東北は、もともと地震が多いエリア。子供の頃に震度5クラスの揺れも二度経験しているはず。地震というものにある程度慣れているから、咄嗟の判断ができたように思う。
そんなことを考えながら、きっと地元で親が心配してるであろうことを想像しながら、そろそろ無事だった旨を連絡しようか、なんて思ってた。

・・・!
違う!違う!!

ようやく気付いた。
地元じゃ数日前にも震度4クラスの地震があったはず。関東だけが地震に見舞われたなんて考える方が不自然で、東北はもっともっと酷い揺れで、関東はその余波だったと考える方が正しいはず!
と思いワンセグを付けた。デカデカと踊る「宮城栗原で震度7」の文字。震度6強、震度6弱で埋め尽くされた東北の地図。
蒼褪めて親に電話するも不通。何度かけ直しても不通。コール音すらせず、まったく繋がらない。まさに血の気がひいた。

いったい何十回電話したのだろうか。母の携帯、父の携帯、固定電話、いずれもまったく繋がらない。ワンセグの中は地獄絵図と化していく。
気ばかりが焦る。なぜこんなにも繋がらないのか、周りで携帯を使ってる人に対して八つ当たりしたい気持ちになったりする。

駅前に移動するも、電車は完全ストップで、行き場を失った人たちが群れを成している。また、昨日は風がかなり強く寒い日だった。親の安否がわからず、帰るに帰れない身にはえらくその寒さが堪えた。

・・・公衆電話に行列ができている。
そうか!携帯が繋がらなくても公衆電話なら!
並んで順番を待つ。駅前に3箇所ある公衆電話は、どこも全て行列だ。ようやく順番が回ってきた。不安を押し隠し、実家の番号を押す。公衆電話なんて何年ぶりだろう、なんて変なことも思った。
・・・不通。5度かけ直すも不通。後ろの行列を見る限り、これ以上長居もできない。

さて、どうすべきか考えた。この状況下でベストな選択肢はなんだ?
数秒で決断。駅前の交番に行き「近くにホテルはあるか?」と尋ね、道を教えてもらう。即チェックイン。ホテルの固定電話でアクセスを試みる。どうせ電車も動かないだろう。これなら一石二鳥だ。もちろん会社に許可なんかもらってない。そもそも会社にかけても繋がらないんだからどうしようもない。着信も無いところを見ると
向こうからかけても繋がらない状況なんだろう。

午後6時くらいからひたすら電話。
食事、シャワー以外はずっと受話器を握ってた。まったく繋がらない。イライラはとうの昔に通り越し、ただひたすらにダイヤルを続ける。
テレビの中では、この世のものとは思えない惨状が映し出されている。津波に呑みこまれた街、火の海になった街、両方とも地元からそう遠くない土地勘のある街だ。

時間を追うごとに、死者の数が増える。これが一層不安を煽りたてる。「俺の地元では死者はいないようだ」と安心したい気持ちがあり、「津波が来た訳だから警察も取材もそっちに傾注するだろう。まだ判明していないだけで家屋倒壊、事故等で死者が出てても不思議ない」と逆の意見が首をもたげたり、焦るばかりで時が流れていった。上司から着信。状況を説明し、宿泊代を経費にさせた。当然だよな。
結局、日付が変わっても連絡は取れず、不安なまま床に就いた。

浅い眠りを繰り返し、ウトウトしかけては携帯の地震緊急速報に叩き起こされ、最悪な気分のまま起床。
ここから会社までは通常なら約一時間。大幅に余裕を持った時間でチェックアウト。できることなら先に帰宅して、着替えを済ませてから会社に出たい。
ところが、電車が来ない。来ても徐行、駅で停止を繰り返す。予想よりもだいぶ時間がかかり、地下鉄からJRへ乗り換え待ちをしてた駅で、

着信!
母親だ!!
周りに電車を待つ人が多数並んでいる状況だったが、ついつい大声が出た。
「オイ!無事か!?」
・・・いつもの母親だった。電気が不通の状態でテレビを見られないものだからよく状況がわかっておらず、こっちの心配をされた。かあちゃん、心配したのはこっちだで。とにかくよかった。本当によかった。
結局、先に帰宅することは叶わず、二時間かけて会社に到着。でも、親が無事だったことで気持ちはだいぶ楽になった。
よかった。とりあえず家族は無事だった。自分のことしか考えていない意見だが本音だ。



今、こうしている間にも助けを求めて泣いている人がいる。生き埋めになり、大怪我をして消えかけている命がある。何もかもを失い絶望している人がいる。
警察、消防、自衛隊の皆さん、ご自分の命が危険な状況下にも関わらず、本当にありがとうございます。どうか気を付けて作業にあたってください。そして、一つでも多くの命を救ってください。
避難している皆さん、過酷な状況でしょうが、どうか気を強くもって生き抜いてください。助けに行くことすらできない自分ですが、心ばかりの義援金は送るつもりです。

頑張れ日本!頑張ろう日本!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題

どうもです。

私も千葉の人間ですので、かなりの揺れを体験しました。
身をもって、地震に対する恐れを改めて認識しましたね。
会社なんて壁にひび割れ起こしてましたので、「崩壊するんじゃねーの?」なんて、
めちゃくちゃ不安になりましたよ。

被災地の人は+して、津波の被害にもあわれ、
毎日続く報道の中の惨状を見ると、本当に胸が痛くなりますね。
管理人様のご家族が無事で本当に良かったです。

本当に頑張れ!日本!!
今年ばかりは楽天も応援する!
くせもの2号 2011/03/14(Mon)12:36:47 編集
無題
ありがとうございます。仙台に住んでる友人も無事でした。

募金しましょう。節電しましょう。そして祈りましょう。

頑張れ日本!頑張れ東北!
SSA管理人 2011/03/14(Mon)22:27:22 編集


<< 落ち着こう!頑張ろう!HOMEGIANTS PRIDE 2011 その1 >>