忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
どうぶつの森に癒されてますw  ※コメントに書きたくないご意見ご感想はcoolvanilla3(アットマーク)gmail.com までどうぞ  
[1244]  [1243]  [1242]  [1241]  [1240]  [1239]  [1238]  [1237]  [1236]  [1235]  [1234
プロフィール
HN:
オレンジ色の魂を燃やせ
性別:
男性
自己紹介:

カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
3 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アーカイブ
最新CM
[12/09 SSA管理人]
[12/06 あにーす☆]
[12/01 SSA管理人]
[11/30 あにーす☆]
[11/29 SSA管理人]
[11/23 ジャビ夫]
[11/22 SSA管理人]
[11/20 ジャビ夫]
[10/26 SSA管理人]
[10/25 あにーす☆]
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
「踊る大捜査線」に韓国人女優起用・・・ネット掲示板でフジテレビ批判が殺到「また韓流ゴリ押しだ」
http://blog.livedoor.jp/jyoushiki43/archives/51838671.html


終わったなあ。ここまでバカだともう救いようが無い。
これだけ批判されてるのに頑としてブレないのはある意味すごいけど、なんで自分らが視聴率3冠王の座から陥落したのかまるでわかってないわな。

なんでここまで堕ちてしまったんだか。
昔は、中国びいき、韓国びいきで左に偏ったテレビ局といえば、朝日とTBSの専売特許だった。フジや日テレはそれらに比べればだいぶマシだったし、なんせ昔のフジは面白い番組が多かった。管理人は子供の頃からフジびいきだったし、初めてフジ社屋に行ったときは本当に心躍ったもんだ。それがなぜここまで露骨な反日メディアになってしまったんだろか。「もう、まともなヤツはフジからもテレビ全体からも離れてるから、ゴリ押し放送に騙されるバカだけ見てくれればいいや」、と思ってやってんだろうけど、あまりにもあんまりで呆れる。

・・・ま、どうせ流行らんよ。タイトルにかければ、笛吹けど踊らずだ。
日本の刑事ドラマってのは、大局での流れがある。「太陽にほえろ」、「西部警察」のド派手アクションに始まり、そこにスタイリッシュさを加えたのが「あぶない刑事」。この非現実的な路線を終わらせて、新機軸を打ち出したのが他でもない「踊る」。ノンキャリアとキャリアの完全なる階級差、現場で数十年命を削って働いてきた刑事が、昨日今日警察に入った東大卒のぼっちゃんの遥か下に位置する現実。ここに焦点を当てた小説は数あれど、ドラマとしては過去になかったと思う。
で、そこに名探偵的要素、政治的策略面の駆け引き、一匹狼的テイストを足したのが「相棒」。

だから、単に表紙を変えてるんじゃなく、時代の流れでより現実的に、より踏み込んだ形に描き方が変化してきてるんだから、一昔前のコンテンツじゃ通用しないよ。踊る全盛の頃、あぶデカも復活したのに見事なまでに大コケしたのがいい例だ。西部警察なんかは、もう一周も二周もして今見るとかなり面白いんだけど、「踊る」じゃまだ懐古趣味には早いしな。

で、昔のファンに戻ってきてもらわないとどうにもならない中、人の気持ちを逆なでするような韓流ゴリ押しときたもんだ。たぶん現場でも不満持ってるまともな日本人もいるんだろうけど、悲しいかな会社の間違った方向性を変えられないんだろうな。ご愁傷様です。
ま、アタクシは見ません。テレビシリーズはほとんど見てるし、映画第1作なんかは劇場にも行きましたが、今度やるヤツは映画はおろかテレビでやる方も見ません。管理人の好きだったフジテレビはもう死んだし、一つの金字塔的作品である「踊る」も、この記事が出たことで管理人の中では終わりました。さようなら、織田さん。あなたは好きな俳優の一人ですが、管理人にとって今日からあなたの代表作は「世界陸上」になりました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


<< 映像化HOME「バカほど会議が好き」 これホント >>