忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
去年はダパンプがあったけど今年はヒット曲らしいヒット曲なし。一番流行ったのはどぶろっくのアレではなかろうか。     ※コメントに書きたくないご意見ご感想はcoolvanilla3(アットマーク)gmail.com までどうぞ  
[717]  [83]  [66]  [58]  [56]  [55]  [769]  [766]  [764]  [38]  [31
プロフィール
HN:
一喜一憂
性別:
男性
自己紹介:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
最新CM
[11/21 SSA管理人]
[11/20 あにーす☆]
[10/29 あにーす☆]
[10/26 SSA管理人]
[10/26 SSA管理人]
[10/24 よしぞー]
[10/24 あにーす☆]
[10/24 SSA管理人]
[10/23 あにーす☆]
[10/17 あにーす☆]
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
070707_1659~03.jpg070707_1659~02.jpg 

4年ぶりのさいたまスーパーアリーナですっ!
そう、4年前に(やっぱりその時も)氷室ライブで来て以来、ホントに久々にさいたま新都心にやってまいりました!
開場、開演に向け続々と集まってくる同士たち^^。きっと地方からの参戦組もたくさんいることでしょう。雨にならずホントによかった^^。

さて・・・、私はこんなに調子の悪い氷室京介を観たことがありません。
声出てないし、えらく苦しそう。氷室ライブは、両手どころか両足でも足りないくらいの回数観てますが、過去最低といってもいいくらいの出来です。どうやら風邪ひいてたようですし、本編終了から今日のライブまで、だいぶ間隔が開いてしまったことも影響したんでしょう。残念です。
何度となく観てる私としては、こういうキャパの大きい会場のとき、つまり一見さんが多数いるときにこそ、「これぞ氷室京介」というパフォーマンスを観たいんですが、今日は全編イマイチでした。明日に期待します。

★ここから先はネタバレあり★

01. In The Nude ~Even not in the mood~
02. SWEET REVOLUTION
03. Weekend Shuffle
04. Bitch As Witch
05. Wild Romance

オープニングからの数曲はツアー本編と変わらず。いいですねー。私は今回のオープニング→インザムード→スイレボ、の流れ大好きです。3、4はライブに参戦してる回数が多いか少ないかの試金石になる曲。隣の3人組はこれ以降、私のマネをするようになりました^^。

06. Harvest
07. 永遠~Eternity~
08. ALISON
09. EASY LOVE

中盤のバラード、ミドルテンポ。この辺で声が出てないことに気づく。7とか9は本調子にはほど遠かったです・・・。
ただ、「素人が歌ってみて苦しくなるとこ」が苦しそうなんでなく、声張れてるとこは張れてるのに、なんだかおかしなとこで苦しそうな感じ。やっぱ体調的な問題ですかねぇ。

10. Ignition
11. OUTSIDE BEAUTY
12. SHADOW BOXER
13. RAP ON TRAP
14. Claudia
15. Say Something
16. NATIVE STRANGER
17. WILD AT NIGHT

で、ツアー本編Aセットの曲が続く。早い曲になると、氷室の不調も気にならない。13はものすごくゴリゴリの音になってて、近くにいた兄ちゃんが「まるっきりヘビーロックだ」とつぶやいてました^^;。で、相変わらず15で会場ヒートアップ。「オイ!オイ!」も最高潮^^。

EN.
18. MOON

これも声しんどそう・・・。いつもは歌い上げて、声量の違いを見せ付けてくれる曲。それなのに・・・。
でも、すんごくストイックで自分に厳しい人だから、きっと誰よりも本人が悔しい思いでいるはず。明日はリベンジしてくれるでしょう。

で、「Miss Murder」が無い以外、ツアー本編と変わらず進んできたこのライブ。サプライズはここから。

19. B・E・L・I・E・V・E

愛情たっぷりのメンバー紹介を挟んで、特別なプレゼントがありました。もうイントロ鳴った瞬間、どよめき&大歓声。
ただ、ずーっと19年間氷室を観てきて、ボウイに対する距離感、拘り、そして2004年の東京ドームがあっての今、ということを知ってる者としては、「なんでいまさら?」とも思う訳です。でも、途中で納得^^。「フューチャリング大島くん」ってことですね。彼のサックスを聞かせたいがためのこの選曲なんでしょう。モニターも彼のアップ多かったし。

で、「次もすげえ有名なバンドの曲で・・・」との前振りで、またボウイ?と思いきや・・・。

20. Dear Friends

いやー、ヒムロック、やっぱりアンタはすごいよ。事情のわからない人に説明すると、もう10年近く氷室と一緒にいるギターの本田は、元パーソンズのメンバーです。パーソンズと言えば、もちろんこの曲。ええそうです、「ノーノーベイベー ウォウ ノーノーベイベー」です。中学までは邦楽小僧だった私は「!?」、周りのパーソンズを知らない観客は「?!」。いやー、楽しかった^^。完全に祭り状態でした。

21. ONLY YOU

で、サプライズの締めはこれです。正直、釈然とはしないんですが、まあ盛り上がらない訳が無い訳で・・・。ねえ?

EN.2
22. LOVE & GAME
23. SUMMER GAME
24. ANGEL2003

22はちょっとアレンジ変わったんでしょうか。で、ツアー本編で完全封印されてた24の復活です。久々でしたが、やっぱ最後はこれですよ。

長くなってきたんで抑えますが、いろいろと賛否両論ありそうなライブでした。(賛についても、否についてもいくらでも書けそうです)
ただ、今までの「氷室のライブはツアーファイナルだけ観とけば勝ち組」ってのは、今回で消えたかなと。それは言えます。
明日は何が飛び出すか。体中が痛いんでそろそろ寝ます^^;。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


<< 氷室京介TOUR2007 INTHEMOOD SPECIAL in さいたまスーパーアリーナ 7月8日HOME追悼 藤原伊織 >>