忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
去年はダパンプがあったけど今年はヒット曲らしいヒット曲なし。一番流行ったのはどぶろっくのアレではなかろうか。     ※コメントに書きたくないご意見ご感想はcoolvanilla3(アットマーク)gmail.com までどうぞ  
[1578]  [1577]  [1576]  [1575]  [1574]  [1573]  [1572]  [1571]  [1570]  [1569]  [1568
プロフィール
HN:
一喜一憂
性別:
男性
自己紹介:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
最新CM
[11/21 SSA管理人]
[11/20 あにーす☆]
[10/29 あにーす☆]
[10/26 SSA管理人]
[10/26 SSA管理人]
[10/24 よしぞー]
[10/24 あにーす☆]
[10/24 SSA管理人]
[10/23 あにーす☆]
[10/17 あにーす☆]
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア


そうなんですよ、管理人ともあろう者が、なんと今ツアーは今日が初参戦なんです。ろくに休めない会社、早く帰れない会社が災いしてのことですが、好きな物に時間を割けないなら働く意味なんて無いよな。マジでそろそろ辞めようかと検討中。


気を取り直してセットリスト。
ちなみに管理人は全然情報収集せず臨んだので、予備知識がないことでかえって楽しめました。

01 WARRIORS
02 PARACHUTE
03 Rock'n'Roll Suicide 

25周年記念ツアーなんだけど、オープニングは最近のナンバーがずらり。2とか3とかは氷室が気に入ってるのが前ツアーでよくわかったけど、管理人的にはあまり好きでないんだなこれが。
氷室は軽やか。いつもの半身よじったり、首や腕振る仕種も多くて余裕綽綽な感じ。音響は高音が尖ってちょいと聞きにくい。

04 WILD AT NIGHT
05 Girls Be Glamourous 

なるほどなるほどな選曲。
ここでだかどこでだか忘れたけどMC。「このツアーは去年の夏に出した25周年のベスト盤を受けてのツアーで、何をやろうかと考えた時にベスト盤をリスペクトする選曲だったり、初めて来るヤツもいるだろうからそいつらにもわかりやすい選曲だったり、実家に火をつけられないような選曲だったり・・・」ととんでもない自虐ネタ炸裂w そうですか、ネタにできるようになってるなら安心ですw

06 COOL
07 CALLING
08 CRIME OF LOVE

ほうっ!とオールドファンの管理人が唸った6。渋いとこもってきたなあw バラードコーナーの前のミドルコーナー的選曲なのかな。

09 TRUE BELIEVER
10 たどりついたらいつも雨ふり
11 IF YOU WANT
12 魂を抱いてくれ 

管理人狂喜乱舞の9&10。もう9は死ぬほど好きだし、10は他人の曲でありながらこれもやっぱり染みる曲だ。特に管理人みたいに転職を繰り返し、どこに行っても落ち着かない世の中と和解できてない社会不適合者にはアンセムのような曲だ。

13 STRANGER

13前の「夢を見てるヤツに書いたのがdreamin'で、夢を見れないヤツらに書いたのがこの曲で」のMCはライブ常連ならもはや恒例。でも、今日はだいぶ長かった。
ヒムロックのお子さんが18歳、22歳、24歳と社会に出ようとする年頃なそうで、自分がこういう人から見られる仕事をしてることで子供たちも影響を受けてて、そういう仕事の方が価値があるんじゃないかみたいなところで悩んでるとのこと。でも、夢を見れるヤツの方が珍しくて、それは本当に幸運なことで、大半のヤツは夢さえ見れない。夢が見れなくても、何か一つのことを一生懸命に頑張ってればそれこそが大事なことで、今のスマートフォンみたいに一つで何役もこなせる訳じゃなくても、何か一つのことをずっと頑張ることだけで十分価値がある、みたいなかなり長いMC。「夢を見る」ってことが人が言うほど簡単じゃなくて、夢さえ見れなくてもいいんだよ、って言ってるように聞こえた。ヒムロック、俺の夢はなんなんだろなあ。もうあなたがスティーブを連れてハマスタを満員にした頃の年齢になっちゃったけど。

14 ONE LIFE
15 Weekend Shuffle
16 BANG THE BEAT
17 Doppelganger
18 LOVE&GAME
19 WILD ROMANCE
20 ANGEL 

そしてライブは大詰め。この後半の流れの中で17はどうなんだ?18~20のなだれ込むようなロックチューン3連発は気持ちよかった。

-ENCORE 1-
21 NORTH OF EDEN
22 The Sun Also Rises
23 KISS ME 

アンコールは真っ赤なシャツで登場の氷室。22と23の間でメンバー紹介。キーボードの大島くんがシャイで口数が少ないことをルパンの五右衛門に例えて紹介w
ここでだか次でだか忘れたけど客いじりもあり。「おまえは俺が○○の取材の時に着てたナイキの服にそっくりなの着てるし、おまえはまんま俺みたいな格好してるし、中にはマイク持ってるヤツまでいてw こう俺が(半身よじる仕種)やると一緒にやってるヤツもいてw」みたいな楽しい客いじりw 「全国どこ行っても熱いヤツが多くてうれしい」みたいな話でした。その流れで追加公演が10本くらい決まったこと、横浜スタジアムでファイナルをやることも言ってた。行かなきゃな。

-ENCORE 2-
24 JEALOUSYを眠らせて
25 SUMMER GAME 

オーラスは夏っぽい2連発。長く手を振ってくれて満足そうなヒムロックでした。


全体的に上機嫌。キャパが小さめの会場なので、逆に言えば当然来てる客はコアなファン。会場全体でノリがいい環境だし、氷室の出来も悪くなかった。締まらないことこの上ない「フチュー」を連発するのはいかがなもんかと思ってしまったけどw、やっぱり東京はいい、みたいなMCも出たいいライブでした。時間はきっちり2時間半。セトリも有名どころのシングルから、管理人みたいなマニアが納得するものまで幅は広め。ボーダレスの曲が多い感はあるけど、近年のライブであれこれやってきた経緯もあるからこれはこれでいいかなとも思う。



ヒムロック、次は6月に国際フォーラム行くぜい。その頃まで仕事を続けてるか、無職になってるか、転職してるか。やれやれ、たどりついたらいつも雨降りだ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


<< GIANTS PRIDE 2014 その10~愛を込めて~HOMEGIANTS PRIDE 2014 その9~譲り合い~ >>