忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
去年はダパンプがあったけど今年はヒット曲らしいヒット曲なし。一番流行ったのはどぶろっくのアレではなかろうか。     ※コメントに書きたくないご意見ご感想はcoolvanilla3(アットマーク)gmail.com までどうぞ  
[1108]  [1107]  [1106]  [1105]  [1104]  [1103]  [1102]  [1101]  [1100]  [1099]  [1098
プロフィール
HN:
一喜一憂
性別:
男性
自己紹介:

カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
最新CM
[11/21 SSA管理人]
[11/20 あにーす☆]
[10/29 あにーす☆]
[10/26 SSA管理人]
[10/26 SSA管理人]
[10/24 よしぞー]
[10/24 あにーす☆]
[10/24 SSA管理人]
[10/23 あにーす☆]
[10/17 あにーす☆]
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
f1781adf.JPG4a1d072b.JPG

祭り二日目っヽ(*´∀`)ノ!
もう気持ちとは裏腹に身体がしんどいw 今日は2階席だったんだけど、階段上り下りすんのがえらいきつかったw

セットリストは昨日と同じ。全く同じ。単発ライブで、しかも今日は一応「追加公演」名目となればそれが当たり前。一応書いとこか。

01 DREAMIN'
02 RUNAWAY TRAIN
03 BLUE VACATION
04 ROUGE OF GRAY
05 TO THE HIGHWAY
06 BABY ACTION
07 JUSTY
08 Welcome To The Twilight
09 BAD FEELING
10 "16"
11 LONGER THAN FOREVER
12 MEMORY
13 B・E・L・I・E・V・E
14 季節が君だけを変える
15 B・BLUE
16 MARIONETTE
17 PLASTIC BOMB
18 DOWN TOWN SHUFFLE
19 BEAT SWEET
20 RENDEZ-VOUS
21 ONLY YOU
22 IMAGE DOWN
EN.
23 ON MY BEAT
24 ホンキー・トンキー・クレイジー
25 NO. NEW YORK


氷室ライブでは恒例のことですが、全てにおいて昨日より今日の方がよかった。氷室も動き回ってたし(昨日はレフト側の花道に来たの1回だけだったよなw)、ボーカルも今日の方がいい出来。まあ、その会場独自の音の回りだったり、演奏だったり実際やらないと掴めない部分はどうしてもあるから、1日目の教訓を2日目に活かす恒例のパターンなのです。

昨日と違ったのは、10後でMCが入った。
「昨日後半でMCやったらもう脳みそ融けてて言わなきゃいけないことも言い忘れて今日は早めに喋る」なそうw
「このsixteenって曲は俺が二十歳の頃に書いた曲なんだけど、今はもうsixteenっていうかsixtyに近いくらいでw」みたいな話もあり、「俺の周りにいるスタッフはプロ中のプロというか、金銭至上主義みたいなプロフェッショナルが多いんだけど、今回の主旨に賛同してくれて照明とか機材とか無償で貸してくれて」みたいな話もあり。
で、11前のフリで「BOΦWYっていうと皆ビート系の曲をイメージするヤツが多いけど、俺が一番好きなバラードで」みたいな紹介あり。
そして、昨日同様12の歌詞を間違うヒムロックwww もう今日に至っては本人も笑ってたやんw

昨日書かなかったけど、最後は新曲「if you want」が流れて、ZEROのエンディングみたいな映像とスタッフロールがスクリーンに流れた。そして最後の最後に映し出される「We Are Down But Never Give Up!!」。うん、これはいい締めだった。こんなに熱いライブがチャリティーなんだもんな、素晴らしいじゃん。このスタッフロール終わった後、会場全体から拍手が起きてたけど、ライブそのものに対する称賛だけでなく、こんな場を設けてくれたことに対しても拍手だよ。チケット代、グッズ代、僅かであろうと東北に届きますように。



セットリストは、まあ納得。もっとあれもこれもって言いたくなる気持ちもあるけど、単発ライブでやる選曲としてはこれでいい。
正直、7年前の「BOΦWY VS HIMURO」の異常な高揚感は持てなかったし、その時にやった曲と被る曲も多かった。4年前、さいたまスーパーアリーナでやったビリーブも聴いたし、その翌日のオンリーユーも聴いたし、20周年ツアーのシングル曲連発も全て聴いてきた身としては、なんかこうデジャブ感すらある感じだったんだけど(ドリーミンに至っては4ヵ月前に聴いたなw)、まあこれはこれでアリ。間違っても不満が口をつくようなものではないし。
うん、まあまさに祭りだったよ。いつもの氷室ライブの感じじゃなくて、やっぱりこの二日間は祭りだった。

d7a6865a.JPG

みんなもお疲れ&KING SWINGの皆さんはまた会う日まで。
さて、俺もまた明日から頑張ろう。この祭りでもらった元気を胸にまだまだ世の中と折り合いを付けず、ROCKに生きるぜぃっ!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題

やはり、二日目の方がサポメンも氷室さんも、
少し余裕を持ってやっていた感がありましたよね。

初日は氷室さんも言っていたように「緊張していた」んでしょう。。。

でゅぁぱぱでぃゅぁぱぱ♪

これ、ちょー楽しかったです!!

61くぅ URL 2011/06/13(Mon)01:14:00 編集
無題
プラボムってあんな盛り上がるんですねー。
二日間だけのお祭りでしたが、ホントにあっという間な感じでしたねえ。ライブ自体も氷室ソロより短かったし。

結局、白フェニックスTシャツ、パープルタオル、ピンクリスバン、クリアファイル、ビニールバッグだけしか買いませんでしたが、他にも欲しいTシャツ山ほどあったなあ。ツアーグッズTシャツでこんな気持ちになったの初めてw
SSA管理人 2011/06/13(Mon)21:44:47 編集


<< GIANTS PRIDE 2011 その49HOME氷室京介 GIG at TOKYO DOME 2011/6/11 "We Are Down But Never Give Up!!" >>