忍者ブログ
忍者ブログ [PR]
輝く光浴びてそれゆけたつのりー!  ※コメントに書きたくないご意見ご感想はcoolvanilla3(アットマーク)gmail.com までどうぞ  
[2163]  [2162]  [2161]  [2160]  [2159]  [2158]  [2157]  [2156]  [2155]  [2154]  [2153
プロフィール
HN:
オレンジ色の魂を燃やせ
性別:
男性
自己紹介:

カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 3
4 5 6 7 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アーカイブ
最新CM
[11/09 あにーす☆]
[11/08 SSA管理人]
[11/03 あにーす☆]
[11/02 SSA管理人]
[10/27 NONAME]
[10/27 あにーす☆]
[10/26 シャビ夫]
[10/26 SSA管理人]
[10/21 シャビ夫]
[10/18 固定ファン10号☆サザエさんちのタマ]
ブログ内検索
バーコード
フリーエリア
解説の山本浩二は今日、間違ったことと非常に的確なことを話した。

間違っていた方は菅野のストレートに関する考察。
誰の目にも制球の悪さはわかった今日の菅野だけど、浩二さんはストレートは指にかかっていい球が来ていると評した。
うん、普通のピッチャーならそうかもしれない。だけど、菅野智之のストレートはなんというかドーンと重くて強いんだよ。速いとか伸びてるとかの表現とは少し違って、いいときの智之はとにかく球が強い。今日はその片鱗すらなかった時点で絶不調で間違いない。中継見ててもカットかワンシームかと見間違うストレートだったし、ヤクルトの打者がことごとくバットに当ててきてまるで空振りが取れなかったのがその証拠。

逆に、さすが偉大なホームランバッターならではの解説は坂本の2ラン。
訳のわからない坂本の変態打法を実に的確に解説してた。
坂本のすごいところは肘の抜き方。あれを普通に打てば、ちょうど今日の長野が打ったタイムリーみたいに、どこか不細工な体勢で打つことになって打球はライン際に飛ぶ。もしくはどん詰まって内野ゴロになる。
坂本はそれをキレイにグワッと肘を抜いて器用に捌く。打つ瞬間に身体がピッチャーに正対するくらい開きながらも、強い打球がファールになることなくフィールド内に飛ぶ。浩二さんが言うとおり、あれをポール際でなく左中間に持っていくとかもはや曲芸の域にすら感じる。
今に始まったことではないけれど、あんなのどれだけ練習したって身に付かない天性の技術。こんな風に打てたらいいなあと、頭の中で思い描くことをサラッと体現できてる異常なバッティング。管理人の知る限り、インコースをああいう捌き方で強く飛ばせるのは落合と坂本だけだ。

さて、そんな試合だけども、今日取り上げて賞賛したいのはマギー。
・・・まだ完全に本調子ではないと思う。本人のイメージと打球が飛んだ方向に少し差異があるように思えたシーンもあった。
だけど、不振でスタメンを外されることも増えた男が、この仕切り直しにあたるタイミングの試合で4安打ですよ。よく戻してきた、よく合わせてきたと、どれだけ褒めても褒め足りない。
坂本や岡本だけじゃチームは勝てない。まだまだ先の長いシーズン、必ずこういうサブを固める準主役の力は必要。マギーもゲレーロも絶対に必要な戦力。断言しとくよ。
本人も今年はここまで悔しい思いでいただろうし、やっぱりサードには小粒な選手よりも長打の怖さがある選手に座ってほしい。まだまだバットで取り返してもらわないといけないからね、明日も頼むぜクラッチヒッター。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


<< 存在意義 G★13HOME熱意 G★24 >>